「うるおう更年期講座」最新情報

更年期美人になる情報が満載の講座

プチ・プレ更年期の方、いずれは…という方

そして更年期ど真ん中の方、必参加の講座です

4月8日(土)@東京(主催「クプクプ」)満席御礼、終了しました
詳細、お申し込みはこちらから (東京のみこちらから)

   

猫とホメオパシー〜猫のおっぱいにみる猫の姿〜

 

薬や病院に頼らないで健康に生き生きと暮らす方法をお伝えしています、更年期・アレルギー・レメディー心理学の専門家、ホメオパスの森本千佳です

 

空前の猫ブームと言われ、書店に行くと猫関係の本や雑誌がどっさりありますね

写真集もいっぱいあって、猫好き、猫ファンにとってはたまらないアイテムです

かくいう私も猫好き、私のサロンにお越しくださる方はよくご存知ですが、我が家にも白猫が1匹おりまして、私の仲間?家族です

子どもの頃から大抵猫が家に居た状態なので、猫との付き合いは長く、猫グッズを見ると食指が動きますが、最近はレターセットとかシールとか消えものに限って購入しています(笑)

 

さて、この空前の猫ブーム、なんでも不況の時に起きるのだそうで、景気が良い時には犬ブームになるのだそう

猫は犬に比べてお金がかからないからだそうです!なるほど…

 

猫のホメオパシーのレメディーはあるのか?もちろんあります!

猫の母乳がレメディーになっていますので今日はそのご紹介です

 

猫という生き物

 

 

猫を最初に家で飼ったのは、エジプト人だそうです

猫はとかく犬と比較されますが、同じくペットでありながら、生態は随分と違いますね

犬は、嗅覚を頼りに獲物を探したり、狩りをしますが、猫は聴覚と視覚を使います

 

また、ネズミやゴキブリを見かけたりすると、次現れるまでそれはそれは辛抱強く見かけた場所で待ちますよね

 

犬は、獲物を追いかけて捕まえるので待ち伏せする猫とはスタイルが違います

 

猫写真で有名な写真家の岩合光昭さんによると、国によって猫にも違いがあるそうです

 

イタリアの雄猫は、目立つのが大好きで光が美しいところに立っていたり、カッコつけて座っていたりするんだそう

 

おまけにイタリア人男性は猫の扱いがとても上手だそうで、人間の女性に対するそれと似ているとか!そして野良猫のことを「自由猫」と呼ぶんですって

 

イギリス猫にアメリカ英語の発音で「 Good morning!」と話しかけたら無視されたのでイギリス英語で挨拶したら返事をしてくれたというエピソードあるんだそうです

 

イスラム圏はとても猫を大事にするそうですが、溺愛するのではなく、とても自然に家族の一員として暮らしているそうで、だからトルコには猫がたくさんいるんだと納得!

 

 

ホメオパシー・レメディー「猫の母乳」

 

 

では、猫の母乳のレメディーとはどんなもの?

 

レメディーの名前は「Lac fellinum」です

Lacはミルクの意味で、Fellinumは、猫を表すラテン語です

 

【精神的な側面】

・病的な注意深さ:あらゆる些細な誤りが良くない行為に見える

・階段を落ちることへの恐怖、めまいはない

・尖ったものが怖い

・猫のようなプライドのある振る舞い:空腹が堪えられない

・性交の夢、レイプされる夢(親族にされる場合も)

・依存心と独立心の矛盾を抱えている

・官能的なふるまい;情熱的で目で表現

・自分自身の外見に批判的

・食べ物にうるさい

・叫び声をあげながら部屋から部屋へと走る

・地震の夢

 

 

あ〜確かに猫だわ!と思うものと、へぇ〜と思うものと入り混じっていますね

 

【一般的な特徴】

・継続的に神経質

・寒さと熱感が交互にくる

・食欲がない

・紙を欲しがる

・ミルクを欲しがるまたは嫌う

・しびれ

・夜に悪化

・鋭い鈍器で引き起こされたような痛み

 

紙を欲しがるのは猫にもよく見られる習性なんです

紙を丸めてボールにすると猫は好きでよく遊びますし、ダンボールとか紙袋とかに隠れるのも好きですよね

 

 【身体的特徴】

・頭痛、左側が特によくない

・目の疾患、ものもらいなど

・口がくっついてしまい、唾液や空気でこじ開ける

・骨盤に重力を感じる、まるで子宮が落ちてくるみたいで歩けないかのよう、立つことで悪化

 

目力のあるのが猫、獲物をしとめるためにも大事な視覚ですから、目に病気が出るというのもわかる話です

 

猫好きが猫好きである理由

 

 

猫好きの人に理由を聞くと、答えとしてよくあるのが

・人に媚びない態度

・自分というものがある

・気まぐれなところ

・マイペース

・距離の取り方がうまい  などなど

 

私もそういう理由です

なぜかと考えてみると、自分がそうなりたいのに、できないから猫に託しているのかなと思います

 

あ〜猫みたいに媚びずに誰の思惑も考えずに気まぐれにマイペースに上手に距離をとって好きなように暮らしたいものだと、我が家のニャンコを見ながら毎日つぶやくお母さんなのでした

 

猫が好きでも嫌いでも、猫の母乳のレメディーが必要な時があるかもしれませんね

 

また、逆に猫や犬が体調悪くなった時にもホメオパシーはとても強力な味方です!

 

写真は、すべて我が家の猫・ルナです

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です