ファミリーナチュロパシー秋開講

ファミリーナチュロパシー秋期開講のご案内

10月より秋のコースが開講になります

8月中にお申し込み&お振込で早期割引特典が受けられます

今すぐ詳細を見る

あなたの健康は、あなた自身が選ぶことが大切です

      2017/08/01

顔を変えるより「こころのあり方」を変える方が顔は変わる〜レメディー心理学〜

 

クライアントさまの「生きやすくなった」というお声に励まされ嬉しくなりました

人生を折り返し、こころとカラダににもやもやを抱える女性が、自己治癒力を高めて美と健康を手に入れる、自然療法の専門家・ホメオパスの森本千佳です

 

最近、「レメディー心理学トータルセッション+α」全5回を終えられた方から感想をいただきました

 

だいたいひと月から6週間くらいに1回、約半年かけてセッションを継続していきます

 

では、どんなセッションをしていくのでしょうか?

 

レメディー心理学トータルセッション+αってどんなもの?

 

 

通常、ホメオパシーのセッションは回数が決まっていないものが多いのです(最近は、初めに回数を設定されるタイプのものも増えているようですが)

 

というのも、半年くらいといった目安はあっても、最初から何回受けたら症状が改善されるかはわからないからです

 

それは、病院も一緒ですよね

 

しかし、このレメディー心理学を応用したトータルセッションは、敢えて最初に回数を決める(みなさん5回で、人によって違うということはない)ことでゴールを明確に設定することに意味があります

 

特定の症状・疾患を対象にするというよりは、こころとカラダのつながりを意識しつつ、自分の本質に近づく作業をしているという方が正しい説明だと思います

 

セッションは、大きく二つに分かれていて、前半は通常のホメオパシーのセッションでその時の症状や困っていること、こころのあり方や感情的なことを中心にカウンセリングをしてその時に必要なレメディを選びます

後半は、ワークが中心になります

口にするだけでなく、さらに落とし込むために紙に書いてもらいながら、進めていきます

心理カウンセリング的な手法なども使いながら、自分の軸がブレないように定めていく作業でもあります

漠然としていた未来への歩みが明確になると同時に、ぼんやりとあった不安なども明確になります

すると、いわゆるネガティブと呼ばれる感情の正体も掴めるのですが、苦しみも増す瞬間があります

そこを、レメディーでサポートすることで痛みが和らぎ、前に進む勇気が得られるのです

 

普通の心理カウンセリングでは、レメディーのサポートがないので、セッションしている時には変化を感じて勇気も出るのですが、少し日にちが経つとむしろ不安が大きくなったり、思ったように変われない自分に苛立ちを覚えたりと安定が持続しません

そこを、レメディーで補うことで揺らいでも中心に戻る力をサポートできるのです

 

 反対する人は自分の中にいる

 

 

40歳は不惑の年と言われますが、今は老後が長くなったからか、後半生も迷いが尽きないように変わってきたと思います

 

サラリーマンの方は、退職後が20年はあるという時代に、会社員という肩書きが取れた後、何をするか自由な分、迷いも多いものです

 

そして、家庭を任されてきた女性は、子どもの手が離れてきて、自分の時間が取れるようになって、「好きなことしていいよ」と言われると今度は、何をしたかったのかわからなくなることも多いようです

 

与えられることに慣れていると、自分で決めることは案外難しいものです

 

レストランに行っても自分の食べたいものを考えるより「パパと一緒でいいわ」とか「子どもと一緒で」とか「残り物で」なんていう具合にいつも選んで来ない人生だったのに、急に「自分で選びなさい」と言われてもどうしていいかわからないものです

 

戦後70年が過ぎた今でも、まだ女性は「自分の人生は自分のもの」というシンプルなことに蓋をしていて自分で輝くことを放棄していたり、自分のしたいことが見つからなかったり…

そんなに簡単に変われるものじゃないですよね

ただ、そこに自分の勝手な思い込みはないですか?

 

「こんなことしたら(言ったら)夫はどう思うかしら?子どもは?」

「私が◯◯をしたいと言ったら、友だちはどう思うかしら?」と、ついつい人の思惑を気にします

 

私自身もかつてはそうでした

今も、まだ人の目を気にしている自分がいますが…(え、そう見えない?苦笑)

 

今も家族(親も子も)は私を自分勝手だと思っているでしょうね〜

 

それでもいい!と開き直れるために必要なものは、自分の思い込みを外す以外にないのです

で、言ってみると(してみると)案外周りはなんとも思わなかったり

 

つまり自分勝手に作った妄想と戦っていたことがわかります

ホメオパシーが得意な「妄想」という厄介な思い込みです

 

50歳にして反旗を翻した私のストーリー

 

 

私自身のことをもう少し話すと、東京から福岡に移ったのは、先天性の脚の病気が悪化し、子どもの時の主治医の予言通り、50歳目前で痛みで歩くことさえ不自由になったからです

 

療養しようと決めて東京を引き払い、実家のある福岡(住んだことのない実家)に引越しをしたのです

それから丸1年、入退院を繰り返して復帰しましたが、会社員になることにしました

 

ホメオパシーは、たまにしていましたが、それはサイドビジネスという感じで平日は会社員として働きました

でも、1年が限界でした(笑)

 

仕事自体にやりがいを持てないこともありましたが、何よりつまらない暗黙のルールが会社にはたくさんあって、そこからはみ出すと居心地が悪いという社会を初めて知ったのです

 

大学卒業後、すぐにオーストラリアに行ってしまったため、日本で社会人として暮らし始めたのは40歳過ぎてから、しかもホメオパスという自営業でもあり自由業でもありという生活でしたから、その違和感は強烈でした

 

つい、オーストラリアならこんなつまらないルールありえないと比較してしまうわけです

 

そして、会社員として常識が欠如していることも分かりました(苦笑)

 

自分の仕事が終わっているのに周りが残業していると帰れない、あの微妙な空気感

「おはようございます」の挨拶も暗い声

上司との面談では最後まで「森本さんの挨拶はいつも明るくて会社の空気が変わりましたね、ムードメーカーでした」と言われていましたが、それって、仕事で褒めるところがないからよねと一人ツッコミを入れていました

 

でも、確かにみなさん暗い声でした、それはその人が暗いというよりも会社の重い雰囲気が原因です

他の部署の人さえ「9階(私がいたフロア)は、暗くて重くて行くのが嫌」と言っていたのですから!

2年目に入り、これは持たないなと辞める準備を始めました

会社は引き止めませんから、問題ありませんが、一番の圧力は両親です

 

大喧嘩になりましたが、50歳を過ぎた娘を自分の思い通りにしようたって、それは無理というもの、それが分からないのが親なのでしょうか、娘の心配をしてくれているのはわかるのですが…

そしてこの歳で勘当されて、家を出て会社を辞めたのが去年の3月のことです

 

ところが、不思議なもので両親と私の関係は今がベストです

 

ずっと母の呪縛から離れられなかった私が50を過ぎて反旗を翻した(実は結婚した時も、駆け落ち結婚でしたから反旗を翻してはいるのですが、今になってみるとそれは本当の母子分離ではなかったのだと思います)ことで寧ろ関係性が健全としたものに変わりました

 

私がそうやって変化を選んだのはホメオパシーというサポートがあったからです

自己処方ですが、とてつもない大きなことが起きたとしても、ホメオパシーを捨てない限り、私は大丈夫という確信があるのです

 

だから、同じように悩んでいる人、後一歩の勇気が持てない人にも力になりたい、なれるのではないかと開発したセッションメニューが「レメディー心理学トータルセッション+α」なのです

 

 お客様の体験談

 

女性は本来しなやかです

子どもを育てる母性は(たとえ子どもがいなくても)、他のものを育てることに向いています

 

植物や野菜を育てるのも、動物を育てるのも、人材を育てるのも、ビジネスを育てるのも得意なのです

 

だから、その女性としての強みを活かして、やりたいことができるお手伝いをしたいと始めたセッションです

 

最近このセッションを終えられた方の感想を動画にしましたのでご覧くださいね

 

 

彼女は、したいことがいろいろありました

それは、一見バラバラなようですが、根っこの思いはひとつだったのです

 

彼女がそれに気づいて自分の歩みを始めたら、家族にも変化が出て来ました

一人の変化がさざ波のように広がっていくのです

 

自分の軸がはっきりして、目標も定まると表情が変わります

ちょっと揺れても、たまにブレても、戻るところを知っている人は強いものです

そして、ホメオパシーを知っていれば、安心していられるのも大きいのです

 

健全な魂は、健全な身体に宿ると言いますよね

 

こころのモヤモヤだけを解消しても、身体が元気でなかったら、好きなこともやりたいことも出来ません

ホメオパシーの優れているところは、レメディーがこころにだけ作用するのではなく、身体の不調も整えてしまうからです

セッションを受けながら、バイタルフォース(=自己治癒力)が上がっていくので、心身共にパワフルな状態をもたらしてくれるのです

 

そこが他の心理カウンセリングなどにはない最大の魅力です

 

2016年は大きな変化の年と言われていますね

新しい自分と向き合い、新しい歩みを始めるなら今です!

 
*************************
 
基本の「き」を改めてもう一度勉強するなら、の講座です!
なかなか、レメディーがうまくヒットしない時は、こちら↓↓↓の記事をぜひクリック!

 

セルフケアでレメディーがヒットしないと思う時

 

そして、もっと実力をつけたいと思う時は、こちら↓↓↓をぜひクリック!

 

ファミリーナチュロパシー・コース

 

 

 
 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です