自然療法でセルフケア・オンライン講座

無理なく結果を出せるレメディーの選び方を学ぶ

自然療法でセルフケア・オンライン講座

随時お申し込み可能です

今すぐ詳細を見る

お手元のレメディー、上手に使えていますか?

この講座では、効果的に使う方程式を余すことなく公開しています!

 

      2017/11/14

神の食べ物のカカオから作られたチョコレートは○○がいっぱい

 

自分らしく生きる更年期美人計画スペシャリスト・自然療法の専門家、森本千佳です

 

寒くなると、食べたくなるのがチョコレート、ホッとチョコレートもいいですね

心も温まるような気がするのには理由があります

 

今日は、そんなチョコレートのお話しです

 チョコレートの真実

 

 

チョコレートがホメオパシーのレメディーとして承認されたのは、比較的新しく、1993年のことです

 

チョコレートの原料はカカオです。カカオの植物名はTheobroma cacao と言いますが、このTheobroma の意味は「神の食べ物」です

 

科学で見たチョコレート

 

チョコレートは酵素のとの関係で「愛」を司る神経を刺激し、「愛情」を芽生えさせると言われています

 

また、科学的にチョコレートの成分はHeartハート(心臓)に影響を及ぼすことでも知られています

 

ハートは愛のシンボルでもありますからやはりチョコレートと「愛」の関係は深いようです

 

Phenylalanine と言う必須アミノ酸をご存知でしょうか?

このPhenylalanine の前身であるPhenylethylamine は、「Love-愛」を司る役目を持っています

そして、このPhenylethylamine は、なんとチョコレートを食べる事で刺激されます!
プルービング(レメディーを認証する一つの治験の方法)の結果、栄養学だけでなくホメオパシーでもチョコレートと「愛情」が深く繋がっていることが解りました

チョコレートのキーワードは「Hedgehog」

 

 

Hedgehog はハリネズミのことです(口語では怒りっぽい人の代名詞にもなっています)

 

なぜ、キーワードがハリネズミかと言うと、その親子関係にあります

 

ハリネズミの母親は早くに子供を巣から追い出し、切り離します

 

つまり密接な母子関係を持つ時間が大変短い動物の代表で、それがチョコレートレメディーのテーマでもあるのです

 

ハリネズミは先ず最初に愛情を示しますが、その後、早い段階で子供にそのとがった針で一杯の背中を向けることで子供は完全に見捨てられたと思うそうです

動物や昆虫にはよくある巣から追い出し自立させると言う習慣ですが、人間の場合はこう言うわけには行きません
チョコレートレメディーを必要とするのは、早くに母親と切り離された人です
これは、何も物理的なことだけではありません

 

母親が早くに死亡したような例だけでなく、家に母親がいてもその存在が希薄な場合、愛情を示していない場合、育児をきちんとしていない場合なども当てはまります

 

また、仕事の関係で早くから母乳を切られ保育園に入れられた場合やすぐに下の子供が出来てしまった場合などもあります

私自身、働く母親をやっていましたのでそれを言われるのは好きではないのですが、一応そう言うことになっています
(では、物理的な接触の時間が長ければそれで良い母子関係が築けるかと言うともちろん一概に言えることではないですし今日のブログではそう言う問題を話し合う目的はないので今回はそう言うこととは切り離してお読み下さい) 

母がそこに居ても、寂しいと感じる子供、愛情が足りないといつも感じている子供に適合したレメディーです

まだ、母親のおっぱいが必要だと子供が思っているのに別れさせられた子供は寂しさと同時に家族から見捨てられたと思い込んでしまうケースなども含まれます

 

 

同じような立場の子供は、それと同時に未来への不安、怪我をするのではないかと言う恐怖などの感情も生まれます

また、絶えずお腹を空かし、食べ物を探し回るジプシーのような気がしたりします。そして食べ物と同様に愛情を求め続けます
チョコレートレメディーの人は、恐怖の対象をたくさん持っています。特に動物に対する恐怖があったり動物の夢をよく見るそうです

現代人がチョコレートをとても好きなのは母子関係の希薄さと深い関係があるのではないかと思います

また、チョコレートレメディーの人はチョコレートブラウンの洋服などを好むという報告もあります

私自身、母と私の関係、私と息子の関係を見て思い当たる節があって、必要かなと思っています

(まだ、試したことはありませんが)

チョコレートとゴキブリ

 

チョコレートとゴキブリは切っても切れない関係にあること、知っていましたか?

チョコレートを作る際、ゴキブリを完全に取り除くことは不可能で、法律的に4%までの含有率が認められているそうです

ですから、これは原材料としては載っていませんが入っている事は動かしがたい事実だそうです

 

 

チョコレートレメディーとは?

 

 

母親を早くに亡くした場合、物理的にはそこに居ても十分な愛情を母親から得られなかった場合などがこのレメディーに当てはまります

 

母親の都合で早くに母乳を切られたり、すぐ下の子供が出来たりすると子供は「見捨てられた」と感じることがあるようです

ですからチョコレートは家族愛、親子愛(特に母子関係)をテーマとするレメディーと言うことになります

チョコレートのレメディーが合う症状の詳細は下記をご覧下さい

こころ、気質

・愛情を求め続ける
・家族、特に母親に見捨てられたように思う
・絶えず食べ物を捜し旅にあるジプシーのようだと感じる
・食べ物をあさる
・動物への恐怖
・将来(未来)への恐怖
・怪我するのではないかと言う恐怖
・妄想ー世界から分離された
・妄想ー自分は「ハリネズミ」だ
・妄想ー自分は小さい
・夢ー動物に関わること
・夢ー家族との仲を裂かれる
・夢ー家で迷子になる
・孤立感

 

一般

・熱いと感じる
・寒さに弱いー何かに覆われていたい
・暖かい乾燥した天気を好む
・朝、起きたときと夜に食欲が増す
・フルーツとフルーツジュースを欲しがる
・物理的な圧力(圧迫)を好むー例、指圧とか
・症状が何でも急性である(突然発現する)
・ぎこちないー物を落としたりする
・チョコレートへの強い欲求

 

からだ

・頭痛ー前頭部の頭痛、頭が重い、差し込むような痛み
・食べた後に悪くなる
・食べている間は却って楽
・吐き気
・暖かい部屋では鼻が詰まる
・外気で鼻水が出る
・赤ら顔ー起きたとき、飲んだり食べた後

食べ物の好み

嫌悪ーバター、調理された食べ物、脂肪、アイスクリーム、固い食べ物、甘いもの、紅茶
欲求ーフルーツジュース、ビール、炭酸飲料、チェリー、チョコレート、冷たい飲み物、フルーツ、氷、

オレンジ、胡椒、赤色の食べ物、

悪化ーチョコレート、甘いもの、紅茶、温かい飲み物

 

チョコレートを嫌いな人はあまり居ませんが、煙草のようにはまっている方は、来し方を振り返って見てください
思い当たる節はありましたか?

 

レメディーを飲むと言うことではなく、自分を振り返るツールとしてレメディーを学ぶとそれだけで飲んだと同じくらいの気づきが時には起こると思います

 

そう言う視点でレメディー学びを深めるのもホメオパシーの良さの一つなのです
 
結果を出せるレメディーの使い方を学び、即戦力に!

講座は↓↓↓

 

無理なく結果を出せるレメディーの使い方を学ぶ

「自然療法でセルフケア・オンライン講座」

詳細・お申し込みはこちらから↓↓↓

今すぐ詳細を見る

 

9月1日よりLINE@を始めました

メルマガとは違うLINE限定の内容だったり、先行告知だったり、特別の限定記事や情報を配信しております

ぜひ、お友達になってくださいね!

【スマホでご覧の方は下記をクリックしてくださいね】

 

【PCでご覧の方は下記をクリックしてくださいね】

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です