自然療法でセルフケア・オンライン講座

無理なく結果を出せるレメディーの選び方を学ぶ

自然療法でセルフケア・オンライン講座

随時お申し込み可能です

今すぐ詳細を見る

お手元のレメディー、上手に使えていますか?

この講座では、効果的に使う方程式を余すことなく公開しています!

 

   

結果を急がない!体質改善のポイントは、時間と経験です

 

自分らしく生きる更年期美人計画スペシャリスト・自然療法の専門家、森本千佳です

 

台風22号が日本を駆け抜けて行きましたが、みなさまのお住いの地域では大丈夫でしたか?

 

福市内というところは、不思議といつも台風がずれて被害が出ないありがたい土地です

 

秋が深まって行きますが、今が一番良い季節と言いたいところですが、寒暖の差が激しく体調を崩しやすい時期でもありますね

 

食べ物が美味しすぎて暴飲暴食に走りがちなのも一つの理由です

 

ここのところ、ホメオパシーのセルフケアでのレメディーの飲み方、替え時など具体的なお話しをしてきましたが、17年使ってきた私が一番感じていることをシェアしてみます

 

長年の偏頭痛も副鼻腔炎もホメオパシーが改善してくれた

 

 

私は、ホメオパシーがなんであるかをまったく知らずにホメオパシーの勉強を始めた経緯があります

 

自然療法を学びたいと自身の体調不良から思い始め、ナチュロパシーのコースをとりました

そこで、ハーブ、栄養学、ホメオパシーが3本柱でしたから、言われるがまま学び始めたのです

 

ホメオパシーって不思議な治療法だなあというのが最初の感想、騙されたと思って使ってみよう、そのくらいの気持ちでした

 

クラスで30種類のレメディーが配られたので、授業のテキストをみながら「見よう見まね」で始めたという感じです

 

そして、2年目からは一つのクラスを教えていたホメオパスに毎月個人セッションをしてもらうようになりました

 

自分の体と心を通して、カウンセリングのやり方、レメディーの選び方、処方の仕方(何日間飲むのかといった)などを実地で学んだ感じです

 

卒業までの2年間個人セッションを受けたことが、のちになって私のホメオパスとしてのやり方の基本となりました

 

さて、それで実際私がどう変わったか?

 

個人セッション中の主訴は、別にして、気がつくと体質が変わっていたのは明らかなのです

 

長年の偏頭痛が…

 

ホメオパシーを始めるまでの私はいわゆる「偏頭痛持ち」でした

ひと月に2回くらいは、寝込むようなひどいものでした

市販の強い鎮痛剤を飲んでもすぐ痛みが取れることはなくて、一晩寝てなんとかなるようなものでしが、ホメオパシーを手探りで使い始めて以来、一度も偏頭痛は起きていないのです

軽い頭痛はもちろん時々あります

しかし、レメディーすら頭痛で飲んだことはないと記憶しています(風邪の場合は別ですが)

 

余談ですが、これもホメオパシーのクラスで教わったことで、よく講座でもお話ししますが、「軽い頭痛なら薬よりレメディーよりちょっと濃いめの珈琲が一番いいよ」ということ

 

インスタントコーヒーはダメですが、きちんとカフェインの入った珈琲なら効き目があるので、それを実践するようになり、今も軽い頭痛が理由で珈琲を飲むことがあります

 

(注:珈琲と頭痛の関係は科学的に証明されていますが、どの頭痛にも珈琲が効果をもたらすわけではありません。頭痛には大別して2種類あり、脳の血管の膨張が原因でなる頭痛の場合には、珈琲に含まれるカフェインの作用で血管が収縮し痛みが和らぐのですが、筋肉の緊張が原因の緊張型頭痛の場合は、カフェインの作用で血流が悪くなり、頭痛が悪化することもあります。ご自身の頭痛のタイプを知ることが肝要です。また、少ないですが、珈琲そのものが頭痛を引き起こすこともありますのでご注意くださいね)

 

とまれ、偏頭痛持ちというキャッチコピーが取れたのは、ホメオパシーのおかげです

 

副鼻腔炎が…

 

もう一つは、「副鼻腔炎」です

風邪を引くと、ほぼ必ず副鼻腔炎に移行する癖がありました

風邪で病院には、もともと行っていませんでしたが、風邪を引いた後、つまり予後が悪くて必ずと言っていいほどに副鼻腔炎になり、それが辛くて病院に行って抗生物質を飲む有様だったのです

 

その癖がまったくなくなりました

 

風邪を引くことはもちろんあります

そして風邪を引くことはちっとも悪いことではありません

 

むしろ、たまに引いて体の浄化をした方が良いのです

 

でも、副鼻腔炎になる必要はないですよね

 

これも、日常の暮らしにレメディーを取り入れたことと、個人セッションを2年間受け続けたことですっかり体質が変わった結果なのだと思います

 

 

 体質改善の鍵は?

 

 

体質は、遺伝のもの、環境からくるもの、そして自分が作り出すものとおよそ3種類あると思います

 

どれも、変えることは可能です

 

実は、3つの中で一番難しいのが「自分が作り出すもの」ではないでしょうか

 

よく、他人を変えることはできないから自分が変わらなければと言いますが、ずっとホメオパシーをやってきて、自分を含めて「自分を変えることの難しさ」を痛感しています

 

変わったつもりでも、実はほとんど変わっていなかった…

 

孫悟空がブンブン飛び回っていたけれど、実はお釈迦様の掌の中でしかなかったと同じような感じです

 

人は、みな頑固です

そして自分には甘いです

先日、知人が話しているのを聞いていて「あ〜他人のことはわかっているけれど、自分のことはわかっていないな、自分もその他人と同じようなのに…」と思っている自分がいましたが、きっと私も人から見たら同じように見えているのだろうと思ったのです

 

人はみな自分だけは違うと思いたい、自分はわかっていると思いたいけれど、やっぱり同じなのだろうと思うのです

 

案外、それ自体に意志を持たない「遺伝的体質」を変えることの方が楽な気がしています

 

環境は、自分が作り出したものと深い関係がありますが、ある段階でスパッと変えられる、もしくは変えざるを得ないケースも多いので、なんとかなるかなと実は思っています

 

自分を変えるのは、自分一人では難しいですが、ホメオパシーのようなものを頼ってもやはり手強いものなのです

 

それでも、体質が変わって健康になることは、素敵なこと、薬を使わなくても済むし、何より毎日気持ちよく過ごせますね

 

だから、やっぱり私はホメオパシーを日常的に使うことをオススメします

 

積み重ねで、ゆっくりですが、変わっていくものだと実感しましたから!

 

難しいなあ、なかなかヒットしないなあ、そう思っても諦めずに上手に取り入れてみてくださいね

 

結果を出せるレメディーの使い方を学び、生活に取り入れると健康への価値観も変わります

講座は↓↓↓

 

 

無理なく結果を出せるレメディーの使い方を学ぶ

「自然療法でセルフケア・オンライン講座」

詳細・お申し込みはこちらから↓↓↓

今すぐ詳細を見る

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です