「ホメオパシーってなに?」最新情報

ホメオパシーの基本の「き」の講座

毎月開催中

今更聞けないこと

これから使ってみたい方

セルフケアしているけれど、疑問がいっぱいある方

6月18日(日)午前10時〜 満席御礼

7月19日(水)午前10時〜 new

詳細・お申し込みはこちらから

      2016/10/21

性格が危険因子?こころもからだも同時に癒せるホメオパシーのレメディー

 

イベントや講座が続き、交感神経が発動しっぱなしで、眠れない日が多い、自分が一番癒されなければならない私です

人生を折り返し、こころとカラダににもやもやを抱える女性が、

自己治癒力を高めてあなたらしい美と健康を手に入れる、

自然療法の専門家・ホメオパスの森本千佳です

 

「概して心臓病は自ら引き起こす病気である。誰かからうつる病気ではない」

ーケネス・クーパー医学博士

心臓病(先天的疾患を除く)は、生活習慣病の一つですが、昔は定年退職後になる病気でしたが、年々早まって男性は40代始めから罹る人がいます

 

一方、女性は、それよりずっと遅れて50代後半からになります

なぜでしょうか?

 

 更年期と心臓病

 

女性は、更年期まではエストロゲンに守られていて赤ちゃんを授かる可能性のある間は、心臓疾患にはなりにくいと言われています

 

ところが、閉経を迎えてエストロゲンが卵巣から分泌されなくなると、途端に心臓病になる確率が上がり、しかも発作後正常に戻るのに女性は男性より時間がかかります

 

また、発作後1年以内に亡くなる女性は男性より25%も多くなっています!

なぜなら、女性の心臓病患者が男性より年を取っていること、他の病気を併発しやすいことなどが原因となっているようです

 

さらに、手術後の女性の延命率は男性より低い上に、二度目の心臓発作に襲われる確率も高いのです。

 

更年期は、心臓病への恐れが増す時期ともなります

 

心臓病とは?

 

心臓病とは、心臓とその血管の病気の総称です

血管の流れが止められたりすると心臓は大きなダメージを受けますが、これが心臓発作です

 

命に直結する臓器なので、不安になりますね

 

生活習慣病と呼ばれるくらいですから、ライフスタイルの結果でもあるわけですが、遺伝的体質もその要素ではあります

動脈硬化を避けなければなりませんが、食事と運動という当たり前だけれど、なかなかできないテッパンの治療法がベストです

 

では、心臓病の危険因子についてみてみましょう

 

・遺伝(環境なのか遺伝なのかの区別は困難)

・年齢(女性は、更年期以降で50代後半から増える)

・民族性(黒人に多い)

・タバコ(喫煙者は2〜6倍なりやすい)

・アルコール(適量のアルコールは防ぐ?)

・糖尿病(血糖値の上昇は、プラーク(脂肪性の物質)を増やす)

・太り過ぎ(中年期から太ると危険)

・運動不足(運動が最も効くクスリ)

・ストレス(心筋梗塞の大きな要因の一つ)

・高血圧(心臓病に罹る危険性が高くなる)

・社会からの隔絶と自己中心的な性格

 

最後のピンク色で示した部分以外は、皆さんよくご存知の危険因子だと思います

この社会からの隔絶と自己中心的な性格という部分、興味深いですね

これぞ、ホメオパシーの出番です

 

 一人時間と人と過ごす時間

 

一人で生活し社会的なネットワークをいっさいもたない人は、早死にする傾向があるという報告があるそうです

また、こういう人はあらゆる病気にかかりやすいという調査報告もあります

身近になんでも話し合える相手がいないということは、病気を招く危険因子の一つなんですね

 

誰かに心配してもらえる、親身になってもらえるということだけでも大きな慰めとなり、それが一番のクスリだったりするのです

 

一人で暮らしているとどうしても自己中心的になります

 

今、私も一人暮らしでまさにそうなりつつあることを実感しています

何時に起きても、何時に寝ても、何を食べても、何を食べなくても、とにかく誰も注意してくれる人はいないし、わがままになっていきます

 

恐ろしい調査結果があります

自分のことばかり話す人はそうでない人より心臓病にかかっている確率が高いということがわかったそうです!

人と集う、一人ではない楽しい時間を持つということが一人暮らしの人には大切ですね

一方で、家族と暮らす人には、ストレスリリースのためにも、一人の時間や場所を確保することが大切です

人間とはかくもわがままな生き物なのですね

 

一人の時間も、人と過ごす楽しい時間も両方バランスよく必要だということです

 

 更年期と心臓に良いレメディーがある!

 

更年期障害の症状の緩和によく使われるレメディーで、なおかつ心臓病に良いレメディーがあります

 

ホメオパシーをちょっとやったことのある人ならよく知っているあの、レメディー、そう蛇の「Lachesis」です

 

このレメディーの精神的な特徴は以下の通りです

 

 ・舌鋒鋭く、ユーモアがあり頭の回転が速い

・魅力的でカリスマ性がある

・皮肉が得意で一緒にいる人を疲れさせる

・批判ばかりする、残酷な一面がある

・おしゃべりで、話題があちらこちらへ飛ぶ

・勝気で自分の意見に固執する

・嫉妬深く、猜疑心が強い

・情熱的で性欲が強い

 

そして更年期以来体調が良くない、循環器系の障害があるという身体症状の特徴もあります

更年期を迎えてから私も数回飲んだことがあります!そして効果を感じました!(汗)

 

お心当たりのある方は、一度ホメオパスにご相談されてみてくださいね

こうやってこころもからだも同時に癒せるのがホメオパシーの特徴であり最良な点です

 

更年期のモヤモヤを吹き飛ばして、「ときめきと潤いを取り戻す更年期講座」を開講します

プレ更年期の方も生活を変えるきっかけになりますよ〜

10月23日(日)

3大特典付き!

 

更年期のお悩みをメールde無料相談

詳細は、こちらからご覧ください!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です