「うるおう更年期講座」最新情報

更年期美人になる情報が満載の講座

プチ・プレ更年期の方、いずれは…という方

そして更年期ど真ん中の方、必参加の講座です

4月8日(土)@東京(主催「クプクプ」)満席御礼、終了しました
詳細、お申し込みはこちらから (東京のみこちらから)

      2016/08/07

ホメオパシーではしかなどを予防するワークショップ

 

ひゃっほ〜と声をあげたいくらいありがたい雨で涼しくなった福岡です

 

薬や病院に頼らないで健康に生き生きと暮らす方法をお伝えしています、更年期障害・アレルギー・レメディー心理学の専門家、ホメオパスの森本千佳です

 

昨日、メルマガで告知し募集開始しました「ホメオプロフィラクシスのすべて」というセミナーについて

ブログでもご案内させていただきますね

 

花子さん
ホメオプロフィラクシスってなに?
森本
ホメオパシーでの予防法という意味になるのよ

 

ホメオパシーでの予防

 

 

予防接種のワクチンではなく、自然療法で病気を予防できるというのが、このホメオプロフィラクシスの考え方です

 

なぜか、日本ではあまり知られていないのですが、オーストラリアでは標準的なものなんです

 

予防接種を受けずにこのプログラムを受けている親御さんが世界でどれだけいるかはデータがないのではっきりわかりませんが、忍耐のいるカリキュラムなので、最後までやり通した人はひょっとすると少ないかもしれません

 

デメリットは、時間が掛かることと、ルールが厳しいことでしょう

 

そのデメリットを考慮してもやる価値のあるものだと思っています

 

セルフケアでするものではありませんので、その詳しい方法についてここでお伝えすることはできませんが、プロのホメオパス、ホメオパスの卵さんに向けてそのセミナーを開催します

 

 オーストラリア予防接種事情

 

 

セミナー開催に先立って、オーストラリアの予防接種事情なども調べていますが、そこにも自然療法先進国ならではのことを発見!

 

資料をオーストラリアから取り寄せ中ですので、そういった旬の情報もお伝えします

 

オーストラリアは自然療法先進国でありながら、一方で予防接種については大変厳しい国です

 

その種類もアメリカの次くらいに多いのではないでしょうか

 

受けないと、保育園で保育料の補助が受けられませんし、小学校の入学なども手こずることがあります

 

もちろんアレルギーや医学的見解から受けなくて良いと言われているお子さんがもいますが、ごく少数派ですから、多くの子どもたちは新生児の時から予防接種の脅威にさらされています

 

ホメオパシーの学生だった頃、先生が「日本は予防接種がそれほど厳しくなかったり、スタートの月齢や年齢が他の先進国と比べても遅めなのが良い」と言っていたのが忘れられません

 

私は面倒くさがりで怠け者だったので、子どもを予防接種に連れて行くことができず、3歳くらいからスタートしたツワモノでしたが、それが功を奏して、受ける種類が減ったり(今更必要なかったり)、大きくなっていたので影響が少なかったのではないかと思います

 

それでも、長男ははしかを受けて1週間後に全身発疹、次男は MMRを受けて、やはり数日後に全身発疹という憂き目に遭いました

その当時はあまり深く考えることはなかったですが、ワクチンの影響ではしかになったと同じ状態だったり、MMRと同じような状態だったりしたのでしょうね

 

これが、もっと幼い年齢だったらと思うと空恐ろしいです

 

ホメオプロフィラクシス

 

 

このホメオプロフィラクシスでは、NOSODESを使います

というか、NOSODESしか使いませんし、高いポーテンシーも含まれています

だから、セルフケアでするものではないのです

プロのホメオパスがインフォームドコンセントを的確に行った上で、同意書を取ってやるべきプログラムです

 

お子さんに両親が揃っている場合には、必ずお父さんとお母さんの承諾が必要になります

 

お母さんの一存で決めてもらっては困る問題なのです

 

そういったルールも厳しく守っていただくのがこのホメオプロフィラクシスを受けるには必要な手順なのです

 

そういった書式などもすべて含めてお伝えする講座です

 

また、ホメオパスとして日々のセッションやセミナーの中で予防接種について聞かれることがとても多いと思います

その時にどう答えたらいいか悩んでいらっしゃる方もいるかもしれません

 

そんな臨床でのみなさんのお話しもシェアできる場にしたいと思っています

 

ホメオプロフィラクシスのスキル、知識、書類の整備などあらゆる観点をすべてお伝えします

 

開催日:9月10日(土)11:10〜14:20

場所:都内某所

対象:ホメオパス、ホメオパスの卵(どちらの学校でも構いません)

※申し込みの際、卒業された(在学中の)学校、卒業年度(入学年度)をご記入いただきます

 

詳細、お申し込みはこちらから

 

ホメオパスさん、卵さんお目にかかれるのを楽しみにしております

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です