「うるおう更年期講座」最新情報

更年期美人になる情報が満載の講座

プチ・プレ更年期の方、いずれは…という方

そして更年期ど真ん中の方、必参加の講座です

4月8日(土)@東京(主催「クプクプ」)満席御礼、終了しました
詳細、お申し込みはこちらから (東京のみこちらから)

   

あの1年に一度の一大イベントにも巡り会える幸運の「自然療法ツアーinオーストラリア」への旅

 

メダルラッシュのオリンピックを片目で見ながら、事務仕事などを片付けている夏の終わりです

暑いけれど、確実に秋へ向かって流れているのを風にも感じますね

 

人生を折り返し、こころとカラダににもやもやを抱える女性が、自己治癒力を高めてあなたらしい美と健康を手に入れる、自然療法の専門家・ホメオパスの森本千佳です

 

先日、ブラックムーンの新月にオーストラリアにいることをブログに書きましたが、もう一つ素敵なイベントと重なることが発覚しました!

これは、やっぱり現地で観るしかないでしょ!

 

競馬は貴族の遊びです

 

日本で競馬というと、おじさんが鉛筆を耳に挟んで競馬新聞を観ている図を想像する私が古いのかもしれませんが、どうやってもおしゃれな感じはないですよね

最近こそ、女性の観客も増えてJRAも頑張っているようですが、海外のシーンとは程遠いかもしれません

 

私は、馬券を買ったことないですし、競馬場にも行ったことはありませんが、興味がないわけでもありません

オーストラリアも実は競馬が盛んです

おじさんのギャンブルというイメージとはちょっと違うかもしれませんね

競馬発祥の地イギリスから輸入されてオーストラリアでも人気があります

街中にはTABと呼ばれる場外馬券場があちらこちらにあって、馬券を買い求める人たちがたむろしています

イギリスでは競馬といえば、王室も観戦されるくらいポピュラーであり貴族の遊びでもあります

なぜ、日本に入ってきたときにその部分が抜けたのか謎ですが…

 

オーストラリアの競馬といえば、「メルボルンカップ」です

11月の第一火曜日に毎年開催されるもので、今年は11月1日、ツアーでシドニーにいるときです

メルボルンは、この日は祭日となりますが、競馬にあわせて祭日となる国は世界の中でもオーストラリアだけだそうです!(驚)

シドニーは、祭日ではありませんが、盛り上がるのは同じ、この日は、仕事していても落ち着かない感じで、レース時間は会社でも大抵テレビを付けて見守ります

なぜなら、みんな賭けているからですね!

ちゃんと馬券を買った人たちはもちろんのこと、どこの会社も「オフィス・スウィープ」というものをしているからです

 

これは、何かと言うと、当日の新聞に出走する馬の一覧が出ます

これを切り抜いて1頭ずつにして馬をくじ引きで選びます

そして掛け金を払うのですが大体5ドルくらいでしょうか

そして、1等と引き当てた人がその掛け金をもらうと言う遊びなんです

1等賞だけが全部もらう方法もあれば、3等までとブービー賞を用意して掛け金を分配するやり方もあります

私も向こうで働いていたときにオフィスで参加したことがあります

興奮してみんな仕事そっちのけでテレビを観ます

保育園を経営していたときなど、保育しながら教室のテレビを付けて子供も一緒に声援を送ります

お叱りを受けるかもしれませんが、そのくらいのんびりとおおらかな国だということですね

そして、もう一つの楽しみが「メルボルンカップランチョン」つまり、ランチパーティーです

これは、女性にとっては特に楽しめるものでこの日シドニーでも高級レストランはほとんどこうしたパーティーの予約で埋まります

思い思いのグループでランチをしてレースを観戦するわけですが、このときの目玉は別にもう一つあります

それが、「帽子」です

女性は、華やかな帽子を被っていくことがルールなんです

鳥の羽根がいっぱいついたようなものから奇抜なものまでそれはそれは目を楽しませてくれること間違いありません

 

 

このランチョンには私も一度だけ参加したことがあり、そのとき被った帽子がこちらです

 

 

奇抜さはなく、後でも使いまわしできるようにという主婦心でやっと買えたのがこれ

なのに、それ以後一度も使っていませんでしたから、今年は街中で被ってみようかと思案中です

 

旅はご縁です!

 

一年に一度しかないこのメルボルンカップに当たるのも相当なご縁だと思います

シドニーの街を歩いていても、きっと着飾った紳士淑女を見かけることでしょう

折角なので、参加者のみなさんと「オフィス・スウィープ」ならぬ「ツアー・スウィープ」をしようかと思案中です

ホテルの隣にはニュースエージェンシー(コンビニに近い感じのなんでも売っているお店、元は新聞を売るところから付いた名前なんでしょうね)があったので、そこで朝一に新聞買いましょうね(笑)

 

因みに、このレースは芝3200メーターで24頭が出走します

なんでも日本の天皇賞(春)の優勝馬は、このメルボルンカップの優先出走権が与えらえているそうです

一着は3億円近い賞金のようです!

 

こういった行事に巡り会えるのもご縁ですね

私はできる限りなんでも体験主義なので、参加されるみなさんにも日本にはないもの、ない雰囲気、ない景色、ない食べ物、そういったものを少しでも多くご提供できれば本当に嬉しいです

 

今からでも間に合います

ご参加希望の方は、こちらをクリックしてくださいね!

 

更年期のお悩みをメールde無料相談

詳細は、こちらからご覧ください!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です