「うるおう更年期講座」最新情報

更年期美人になる情報が満載の講座

プチ・プレ更年期の方、いずれは…という方

そして更年期ど真ん中の方、必参加の講座です

4月8日(土)@東京(主催「クプクプ」)満席御礼、終了しました
詳細、お申し込みはこちらから (東京のみこちらから)

   

更年期こそ受け取り上手になろう

 

サロンからみえるイチョウの木から葉が落ち始めました、季節は確実に移っていくのですね

人生を折り返し、こころとカラダににもやもやを抱える女性が、

自己治癒力を高めてあなたらしい美と健康を手に入れる、

自然療法の専門家・ホメオパスの森本千佳です

 

秋は、実がなり、葉が落ちる、言わば集大成の季節です

 

人生にも移り変わりがありますが、更年期はまさに秋にあたるのかもしれません

 

みんなから好かれたい日本人

 

ストレスが病気の元を作る話は今では疑う人はいません

日本人はとかくストレスを溜めやすいと言いますが、こんなお話があるそうです

 

ユダヤ人は、周りに10人の人がいたら、「この中に一人でも自分を好きになってくれたらいいな」と思思って少しだけ心配するが、日本人は、「この中の10人のうち、一人でも自分を嫌いだったらどうしよう」ととても心配する

 

これは、ジョークだそうですが、国民性を言い当てているお話しですよね

 

一人でも自分を好きでいてくれたらと思たらどんなに楽でしょう

 

私たち日本人はどうしても「みんなに嫌われたくない」「みんなにいい人だと思われたい」と思いがちで、自分を追い詰めています

一人でも好きになってくれたらいいと思えたなら、どんな場所に行くのも気が楽だし、人と付き合うことに余分なストレスを溜めなくていいですね

 

この辺りもホメオパシーで当てはまるレメディーがそれぞれにあるのです

セッションで選ばれたレメディーで改善が可能なのですね

 

 幸せの木はあなたの中に

 

秋は実を受け取る季節ですが、受け取りベタの方も多く見ます

私もそんな一人でした

過去形で書きましたが、まだまだ修行中な部分もあります

ただ、こういうことは意識して変えていかないと自然にはそうやすやすと変わるものではありません

 

自分が種を植えて、毎日水やりをして肥料をあげて大きく育てた植物が実をつけたなら、それはあなたの成果です

「いえいえ、私はなんて…」という謙遜は、海外に行くとタダのおバカさんに見えるのでやめましょうね

謙遜と思われず、「本当にできない人なのね」と思われます

それこそ好きになってもらうどころか見下されてしまう可能性すらあります

 

オーストラリアに居たころオージーがよく「I can speak Japanese」と言います

よく聞いてみると言えるのは「おはよう、ありがとう、すみません」くらいです

最もこの3つが言えるとコミュニケーションには困らないと言われますから、間違いではありません

ところが、私たち日本人は、大学まで入れると10年も英語を勉強しても、ほとんどの人が「英語は話せません」と言いますね

その違いです

「話せる」と「話せない」に明確な線引きはないので、話せると思ったら話せるでいいのです

そこに謙遜は要りません

オーストラリアに18年居たというと「では、英語はベラベラですね」とほぼ毎回言われます

その度に「いえ、ベラベラではありません」と答えます

これも謙遜に聞こえてしまうようで困るのですが、これは本当のことです

ただ、「べらべら」のレベルが人によって違うということですね

 

褒められたら、「いえいえ」の代わりに「ありがとう」と言えるようになれば、受け取り上手になれますね

あなたの中の無限の力を謙遜ではなく、できるに変えると世の中が違ってみえるはずです

 

更年期といえば、約50歳、50年も生きてくれば、偉そうにしても許されることがあるはずです

尊大に振る舞う必要はないけれど、ちょっとは自慢するくらいでも良いのではないでしょうか

 

更年期は、今まで付けてきた「実」をたくさん収穫する時です

 

あなたの幸せはあなたという木に無尽蔵に成っていますよ

 

更年期のモヤモヤを吹き飛ばして、「ときめきと潤いを取り戻す更年期講座」を開講します9月19日(月・祝日)と9月29日(木)

3大特典付き!

 

更年期のお悩みをメールde無料相談

詳細は、こちらからご覧ください!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です