「うるおう更年期講座」最新情報

更年期美人になる情報が満載の講座

プチ・プレ更年期の方、いずれは…という方

そして更年期ど真ん中の方、必参加の講座です

4月8日(土)@東京(主催「クプクプ」)満席御礼、終了しました
詳細、お申し込みはこちらから (東京のみこちらから)

   

あなたに伝えたい「泣いて笑って生きていこう!」

 

今日は、久しぶりに映画を観てきました、たまにはそういうネタを書いてみようと思います

人生を折り返し、こころとカラダににもやもやを抱える女性が、自己治癒力を高めてあなたらしい美と健康を手に入れる、自然療法の専門家・ホメオパスの森本千佳です

 

今日見たのは、封切られたばかりのメリル・ストリープ主演の「マダム・フローレンス 夢見る二人」です

 

映画を観ながらこんなに笑い泣きしたのは初めてでした!笑った後に泣くということはあっても、本当に笑いながら涙が止まらなかったです

 

 マダム・フローレンスのエッセンス

 

実話の女性の物語、お世辞にも上手とは言えないのにカーネギーホールで歌ってしまった女性

若い頃に最初の結婚の夫から移された梅毒の後遺症に苦しみながら自分の思う通りに生きてきたフローレンス

 

いつも彼女を否定することなく、彼女の悪口を言うものを買収してまで彼女を守る夫

 

演じていたのは貫禄の出てきたヒュー・グラントでしたが、タキシードがよく似合う!

 

もちろん、笑い泣いたのはそこではありません

 

カーネギーホールの大観衆の前で歌い始めたフローレンス、でも招待されていた若い軍人たちは、彼女の歌声を嘲り、笑い立ち上がって揶揄します

 

それに猛然と抗議して彼女を支えようとした若い女性(その前の彼女のコンサートでは、あまりの下手っぷりに笑い転げた女性だったのですが)の情熱が会場の空気を変えました

 

これ以上書くとネタバレになるので黙っておきますが、下手か上手かは関係ない、彼女は資産家でお金は確かにあったから、好きなことができた面もあるけれど、お金があっても大人しく何もしない女性が多かった時代(第二次世界大戦の頃のお話)に何かをやろうとする彼女のおおらかさと病気を言い訳にしない器の大きさに見ていて涙が溢れてくるのです

 

一方で、本当に下手な歌でそれをメリル・ストリープが上手に演じるものだから、映画の中の観客と一緒になって笑いが止まらなくなるのです

 

映画館でなければ声を出して笑うところでしたが、涙を流しながら笑ったのは初めてのことだったかもしれません

 

 泣いて笑って生きていこう!

 

 

映画はマジック、時に100分ほどで心を揺さぶることがありますね

(ちなみに今日は12月3日、123で奇術の日だそうです)

 

オーストラリア旅行以来、なにかが弾けて、スコーンと抜けた気がしています

 

行く前にも自分のこれからのミッションが見え始めていたけれど、帰って来てそれがより鮮明になったと同時にいろいろなものを手放しました

 

昔の私は、「苦労」が好き!

 

苦労してこそ楽しみもあるし、苦労しないとダメだと思っていましたし修行僧を気取っていたとも言えます

 

でも、それは悲壮な姿での苦労話しで笑いに変えるほどの器ではなかったし、そんな上級テクも持ち合わせておりません

だから、苦労が顔に出るタイプだったと思います

 

それが、今は少し変化してどんなことも楽しめるような気がしています

苦労だと思わないというか、苦労と意識すらしないというか、楽しみに変える術を手に入れたような気もしています

 

マダム・フローレンスは、資産家ではあったけれど、苦労がないわけではありません

夫には実は愛人もいたりします

それを知らなかったことになっていますが、本当にそうだったろうか?と思いながら観ていました

 

苦労のない人間なんていないでしょう

 

私のところに来てくださるクライアントさまのお話を聞いていると思わず涙することもよくあります

それはその方が苦しい時間を経てここにいらっしゃったからです

 

誰にも言えないことを私に打ち明けながら、その思いを語る時、みなさんすぐ先の未来を遠いものと感じていらっしゃることが多いのですが、私にはその方の未来が見えます

 

誰だって幸せになる権利がある、誰だって笑い、そして泣き、苦しみながら今日を終える

 

誰だって幸せになりたいと思いながら今日の苦しみを笑いに変えたい

 

マダム・フローレンスの時々外れる高音の音が耳に木霊しています

 

苦しみを感じながら泣き笑いしている私自身、あ〜生きているんだと実感していました

 

生きる希望がない時は誰にだってあります

そんな時は無理して笑うより、思い切り泣けばいい、涙さえ出ない時には鏡を見て笑うといい

自分のぎこちない笑顔がバカバカしく逆に愛しく思えたりもするのです

 

映画は短い時間で人生を見せてくれます

大切なメッセージがあちらこちらに隠されていて、それを紐解く時間でもあります

 

あなたにも伝えたい、泣いて笑って生きていこうって!

 

更年期のモヤモヤを吹き飛ばして、「ときめきと潤いを取り戻す更年期講座」を開講します

プレ更年期の方も生活を変えるきっかけになりますよ〜

12月14日

12月17日

3大特典付き!

 

無料メルマガ「きれい更年期宣言・別冊」

詳細は、こちらからご覧ください!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です