自然療法でセルフケア・オンライン講座

無理をしなくてもがんばれる健康法

自然療法でセルフケア・オンライン講座!

10月20日オープンしました!

先着10名さに特典あります→満席御礼

現在、増席2名さまご用意させていただいております→満席御礼

特典コースは終了しましたが、通常のコースは随時お申し込み可能です

今すぐ詳細を見る

お手元のレメディー、上手に使えていますか?

この講座では、効果的に使う方程式を余すことなく公開します!

 

      2017/07/27

数秘学とフラワーエッセンスであなたの本質に出会う

 

自分を生きる更年期美人計画スペシャリスト・自然療法の専門家、森本千佳です

 

沸騰するような暑さの福岡を離れ、涼しい東京で二日間「数秘学とオーストラリアンブッシュフラワーエッセンスワークショップ2017」で学んできました

 

創始者のIan White氏自らの講座でしたから、ワクワクしながら行ってきました

 

基礎講座でも、数秘学には触れるフラワーエッセンスですが、より詳細に学べるとあって、楽しみだったのです

 

 

 数秘から学ぶべきこと

 

 

通常、英語だけで二日間行われるセミナーを通訳を入れてするということは、時間が足りないということ、なのでペースが早い早い

弾丸トークのようで、絶えず英語か日本語が流れているという状況の中で書取るのに必死という感じでした

 

これからじっくりと落とし込む作業です

 

数秘学(術)とは?

 

数秘学そのものは、日本でもいろいろされている方がいらっしゃると思います

 

○○式というような流派?に分かれているようですが、イアンが取り入れているのは、ピタゴラス方式だそうです

 

他に有名なものとしては、カバラがありますね

 

何れにしても、数秘学(術)は占術の一つと分類されます

 

ピタゴラスといえば、「ピタゴラスの定理」を中学校だったかでちょろっと学んだ記憶がありますよね

 

このピタゴラスが「数秘術の父」と呼ばれているそうなのです

 

数秘学では数字は、1〜9までの自然数を中心に置くので、よく使われる誕生数は、すべての数字をシングルとして足していって最後一桁になるまで繰り返して求めます(例外として11、22、33などを置くことが多いようです)

 

例)1975年6月24日生まれ:1+9+7+5+6+2+4=34 →7

 

そしてその1〜9の数にはそれぞれ意味があります

 

その数字の解釈は、だいたいどこの数秘術でも同じようですが…

 

数が持つ運命

 

生年月日の数字をすべて足していくものを「誕生数」と呼ばれることが多いようですが、イアンは、これを「支配数」と言っています(英語では、Ruling Number)

 

言葉は違えど、持って生まれた数字の影響を強く受けて生きていくということを示唆しているわけです

 

姓名は変わる(変えられる)ことがありますが、誕生日は、変えることができません

(質問でも出ましたが、昔は本当の誕生日ではないものを戸籍に届けている場合がありますが、その時も本当の誕生日を使用するそうです)

 

数秘術の中で最も大事なナンバーがこの支配数(誕生数)になるのです

そして、この支配数が台となり、直感を引き上げる力ともなり得るのですね

 

ただ、ここで気をつけなければならないのは、その「数」にこだわって縛られてしまうことです

 

例えば、「私は、『3』だから、周囲の人を批評したがる傾向がある、だから友だちを不快にさせてしまうけれど、仕方がないの…」

 

と思うだけで終わらせてしまって良いのでしょうか?

 

 

 フラワーエッセンスを通して自分の本質に出会う

 

 

ツールに依存しない生き方

 

数秘学(術)も所詮ツールにしか過ぎません

ツールを使いこなしてこその叡智であって、ツールに支配されたり、縛られたりしては本末転倒です

 

どんなツールを選び、それをどう学び、それをどう伝えていくかはとても大切ですが、最終的に必要なのはその人の存在そのもの

 

「ホメオパシーはツールの一つに過ぎません」とブログでもメルマガでも、講座でも口を酸っぱくして伝えています

 

なぜなら、人はどうしてもツールに依存してしまうからです

 

数秘術とフラワーエッセンスの組み合わせは素晴らしいものですが、そこに縛られるのではなく、自分がシンプルにどう生きていくかを考えるヒントを得るものとして使えてこそのセラピー(ヒーリング)だと思っています

 

 

数秘とブッシュフラワーエッセンスのワークショップのご案内

 

ブッシュフラワーエッセンスでは、支配数(誕生数)だけでなく、デイナンバーと年周期も組み合わせて、今必要なことを見ていきます

 

また、生年月日をチャートにすることでその数字の配列から見て取れる傾向や注意点、強みや弱点も併せて知ることができるのです

 

そして、今の自分に必要なエッセンスがなんであるか最終的にご自分で選んでいただき(もちろん、プラクティショナーとしてアドバイスはいたします)ご自分でエッセンスのドースボトル(トリートメントボトル)を作成してお持ち帰りいただきます

 

数字の持つ意味をご案内はしますが、必ずしも当てはまるとは限りません

占星術でも「蟹座は●●な傾向があります」と言われても、納得できることと納得できないことがありますよね

 

ですから、それはあくまで傾向であって、その人自身を丸ごと表現しているわけではありません

 

お天気予報のように「当たっている」「当たっていない」と決めてしまうのではなく、自分自身を内省するきっかけとなると良いのだと思っています

 

「この数字にはこんな特徴があるというけれど、私にもその傾向がどこかにあるのかしら?」と内観することで気づくこと、視えることが必ず出てくると思います

 

また、これはもちろんご家族にも使えるわけですが、自分以外の人間を「あなたは5だから自由人」だという風にジャッジしてしまうのも正しい使い方とは言えませんよね

 

先入観で見るのではなく、他者の場合も、その人をより深く知るためのヒントとなると良いなあと思います

 

ワークショップでは少人数でご参加者お一人おひとりのご質問にもお答えしながらのグループセッションとなります

 

「本当の自分」とよく表現しますが、私は、それを「本質」という風に定義します

 

この「本質」を英語にすると「Essence」なのです

 

フラワーエッセンスとは、その花の本質と人間の本質をリンクさせることとガイドすることがその働きであり役割だと思っております

 

ホメオパシーのレメディーは、「re  medy」reは「再」という意味であり、medyは「中庸」をさします

 

つまり、その人を丸ごと現すレメディーを使うことで少しずれているその人自身を中庸に再び戻す役割を果たしています

 

そこがホメオパシーとフラワーエッセンスの役割の微妙な違いだと私は思っています

 

 

だから、この二つは相性が良いのです

 

自分の本質を知りたい方、今後どうやって生きていくのが「自分らしさ」を生きることになるのか知りたい方はぜひご参加くださいね

 

今回の講座を通して、私自身、よりシンプルに自分の求めていることを表現していきたいと強く望むようになりました

本当の自分の想いに蓋をして生きてはいませんか?

 

もう、気づかないフリをしていく生き方は終わりに来ています

 

自分の本質に目を向けて自分らしさをどう表現していけば良いのかサポートできるワークショップです

 

ワークショップのご案内

 

日時:8月28日(月曜日)
   午前10時〜正午まで

会場:ロータスホメオパシーセンター
(福岡市南区井尻)

参加費:5,000円
(フラワーエッセンス付き)

定員:4名 残席1名

 

 

 

 思いがけないギフト

 

 

私が、イアンからオーストラリアンブッシュフラワーエッセンスを学んだのは、2004年こと

 

次にお会いしたのが東京で開催れた講座で2008年のこと

 

それから約10年経っていますが、少し年を取られたものの(と書いて、自分も同じだけ年をとったということだと気付いた!)そのエネルギーとパッションは半端ありません

 

元気の秘訣を直接聞きたかったのですが、それはおそらく、自分の想いにシンプルに忠実に生きていらっしゃるからだろうと、それが原動力となり、生き方の本質なんだろうなあと思った次第です

 

直接お話しができて、想像を超えたオファーをいただきました

今しばらくこれは秘密!

 

機が熟しましたら発表させていただきます

 

2017年は残り半年ですが、それだけでなく今後の人生の計画を作るためにもぜひ数秘学で自分の本質と出会い、エッセンスをガイドにして見ませんか?
*************************
基本の「き」を改めてもう一度勉強するなら、の講座です!
なかなか、レメディーがうまくヒットしない時は、こちら↓↓↓の記事をぜひクリック!

 

セルフケアでレメディーがヒットしないと思う時

 

そして、もっと実力をつけたいと思う時は、こちら↓↓↓をぜひクリック!

 

ファミリーナチュロパシー・コース

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です