自然療法でセルフケア・オンライン講座

無理なく結果を出せるレメディーの選び方を学ぶ

自然療法でセルフケア・オンライン講座

随時お申し込み可能です

今すぐ詳細を見る

お手元のレメディー、上手に使えていますか?

この講座では、効果的に使う方程式を余すことなく公開しています!

 

      2017/07/04

妊娠力と自然療法

 

妊活の講座を主催するからか、街に出ると、妊婦さんが目に付きます

気になるものとならないものでは、目に入るものがまるで変わってくる、人間の心理は面白いですね

人生を折り返し、こころとカラダににもやもやを抱える女性が、自己治癒力を高めてあなたらしい美と健康を手に入れる、自然療法の専門家・ホメオパスの森本千佳です

 

先日、知り合いの方から、52歳で妊娠・出産された女性(日本人)の話を伺いました

そんな方もいるので、高齢で妊活をされている人には心強いですね

 

妊娠力

 

最近は、「◯◯力」という言葉が流行っていますが、妊娠力というものがあると思っています

科学的根拠から言っているわけではありませんが、精神力の話しとも違います

私は、以前にも書いたように先天的に脚が悪く赤ちゃんのころから18歳まで定期的に病院での検査があり、撮ったレントゲンの数は知れず…しかも股関節の病気でしたから、骨盤の写真ばかり撮っていたのです

その間大きな脚の手術を二回していますし、盲腸の手術もしました

どれだけの放射線を浴びたのだろうかと空恐ろしくなることがあります

母は、そんな私を育てながら「この子は子どもに恵まれないかもしれない」と思っていたようです

 

ところが母の予想を裏切り、結婚と同時に第一子を授かったところから3人を続けて5年の間に授かりました

 

精子と相性とともに、妊娠力があったからではないかと思っています

 

では、妊娠力ってどんなものなのか?

 

レントゲンからの被曝量は半端なかったにも関わらず、子宮も卵巣も元気でいられたのは、やはり母のおかげだろうと思っています

 

父が外食も買ってきたおかずも許さない人だったので、手作りのもので育ててもらったことはとてもありがたいことだと今になってつくづく思います

当時、お金に余裕もなかったので、贅沢もさせてもらわなかったことがむしろ功を奏したとも言えます

ケーキなんて、クリスマスとお誕生日くらい、美味しいお菓子もあまり食べた記憶はないです

キャラ弁もない時代、茶色のお弁当が主で、色鮮やかな友だちのお弁当が羨ましかったこともあります

私世代の方は似たような暮らしの人が多いとは思いますが、何より良かったのはパソコンも携帯も電子レンジも(うちに電子レンジが来たのは高校生のころだったでしょうか)なかったために、電磁波を浴びることすらなかったことですね

 

そういういろいろな条件が妊娠力のある部分を作っているのだと思います

 

ただ、今の時代、電磁波を除去することはもはや不可能に近いですね

 

それでもできることは、あります

それが、食生活を見直すだったり、自分の基礎体力を高める努力だったり、自己治癒力を高める努力だったりするのです

 

妊娠力と自然療法

 

 

妊娠力には、そういった努力できる部分と如何ともしがたい部分の両側面があると思います

自分でできる努力が、先ほどの「自己治癒力を高める」「基礎体力を高める」「食生活を見直す」になるわけですが、一人でするのは難しいし、何がどう良いのかもわからないことがありますね

 

でも、一人で悩む必要はありません

それを、サポートするのが自然療法です

 

いろいろな自然療法がありますが、自分に合うものを選ぶのが一番です

また、一つのものに絞る方法もありますが、相性の良いものをいくつか併用するのもアリです

 

不妊で治療を医学的に受けている方もこれらは併用できるものが多いので、ぜひトライしてみて欲しいと思うのです

9月3日に開かれる講座では、自然療法の一つ「アロマテラピー」を使った方法もガイドしてくれる妊活についてのお話をします

 

講座当日は、次のようなお話しが予定されています

●自己紹介

●前職の胚培養士(体外受精専門技師)の仕事の内容

●どうしてセラピストになったのか

●アロマとの出会いから、自身のメディカルアロマテラピーによる症状の改善

●「らぽーる」(細川先生のクリニック)での、施術とメディカルアロマテラピーのコラボによりBaby待ちさんの成功例

そして、本題へ。

➊本当の妊娠率(年齢別の妊娠率を知ることでいつから本気モードになるべきか)

➋卵子と精子が赤ちゃんになるまでの流れ(Babyになるまでに立ちはだかる12個の壁

➌本当にBabyが欲しいなら、これをしてください。

最低限必要な検査、妊娠しやすい体作りの仕方、骨盤矯正、必要な栄養素、焦りや悲しみのためのストレスケア、生殖を邪魔する化学物質の除去、卵子の若返り(卵子のミトコンドリアの活性化の方法、活性酸素の除去方法)など

 

もう一つの妊娠力とは?

 

子宮を調えたり、受精卵が着床しやすい状態にするなどは、いわばハードの部分です

でも、ハードだけでは赤ちゃんはやってきませんね

ソフトの部分が必要です

それが、もう一つの妊娠力だと思います

それをカバーできるのが「ホメオパシー」だと私は思っているのですが、セッションをしていく中でその人が心身ともに調えられていくことで赤ちゃんを迎える用意ができた時こそが妊娠力が身についた時だと云えるでしょう

 

つまり、誰にでもチャンスはあるということです

 

医学も自然療法も対立させて二者択一にするのではなく、両方の良いところを選びとっていく賢さをぜひ見につけてください

 

そして、妊娠力のハードが調うということは、子宮や卵巣だけでなく、身体そのものが健康になること、そしてそれは女性だけの問題ではないということ、この講座でぜひ学んでいただければと思います

 

 

9月3日(土曜日)

「家族のためのアロマケア」午前10時半〜正午

「Babyを授かるためにできること」午後1時〜3時

場所:ももちパレス「視聴覚室」

受講料:午前のみー3,000円、午後のみー4,000円  1日参加スペシャルー5,000円

(一日参加していただきたいのでスペシャルな割引となっております)

※1日参加の方には、レスキューレメディー(バッチフラワーエッセンス)のプレゼント付き

定員:40名さま

受付は、8月5日(金)19時からメルマガ先行予約

ご参加希望の方は事前のメルマガ登録をオススメいたします

 

*************************
 
基本の「き」を改めてもう一度勉強するなら、の講座です!
なかなか、レメディーがうまくヒットしない時は、こちら↓↓↓の記事をぜひクリック!
 
セルフケアでレメディーがヒットしないと思う時
 

 
 
そして、もっと実力をつけたいと思う時は、こちら↓↓↓をぜひクリック!
 
 
ファミリーナチュロパシー・コース
 

 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です