結果を出せるレメディーの使い方&チャクラと腸内細菌ノソッドプログラムであなたらしい人生をサポート

自然療法の智慧袋

アラフィフの女性が本当に知りたいカラダとココロの悩みQ&A

 
この記事を書いている人 - WRITER -
オーストラリア初の日本人ホメオパス。 在豪18年の海外生活で培った経験を活かした言語を超えた共感力のあるセッションには定評があります。 最近は、「レメディー心理学」を開発し、病気だけでなく人生の方向性を確かなものにする新しいスタイルのセッションに力を入れています。 詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

人生を折り返し、こころとカラダににもやもやを抱える女性が、エネルギーを高めてあなたらしい美と健康を手に入れて更年期美人へ!自然療法の専門家・ホメオパスの森本千佳です

 

年を取れば、悩みも変わる!これ当たり前ですね

 

そして、今更聞けないこと、本当はどうなの?そう思うことが増えていきます

 

今日は、悩みはいろいろありますが、その中でも「50代の恋」「50代の肉体の老化」のお悩みにお答えします

 

 

更年期を迎えても恋はできるのか?

 

 

もし、あなたが50歳くらいで恋をしたいと思っているなら…

 

恋をしている55歳

 

私の知り合いのK子さんは、55歳

大手企業で働くバリバリのキャリアウーマン(死語?)でずっと独身だけれど、恋をしていなかったことはないような魅力的な女性

 

仕事もプライベートの趣味も全力投球でどうして恋をする時間があるのかというのが私の正直な疑問!

 

彼女を観察してみると、気づくことがいくつかあります

 

□何事にもポジティブ

□もう、年だから…という発想がない

□「○○であるべき」と言った制限をかけていない

 

かくいう私は、上記3つが足りない人間なので、なるほど〜と思うのです

 

制限をかけているのは誰か?

 

制限をかけているのは、実は自分、他者である部分ももちろんありますが、自分が「もう年だから…」と思っているのが一番大きいとうことはありませんか?

 

ここで、「私は、まだ50歳、なんでもできる」とか「私は、幾つになってもオンナよ」と心の底から本気で思っていれば、外野からどんなに揶揄されても、「いい年をして〜」なんて言われても、制限かけずに済みますね

 

と、口でいうのは簡単ですが、実際自分で自分にかけている制限というのは外すのが難しいものなのです

 

そして、もう一つ恋を難しくしているのが、意識のギャップです

 

ここで、ちょっと例を挙げてみましょう

 

意識にギャップはありませんか?

 

禁煙がうまくいかないのは、頭で「健康のためにタバコをやめよう」と思う顕在意識と「タバコをやめたくない」という潜在意識と意識に矛盾があるからなのです

 

なぜ、ココロの底(潜在意識)では、「タバコをやめたくない」のかを本当は解明しないと意識のギャプは埋められません

 

いわゆるメンタルブロックを外すということになりますね

 

禁煙の例はわかりやすいのですが、「アラフィフでの恋」となると難しいです

 

この意識のギャップが制限をかけるときには面倒なことに大きな役割を果たしてしまうのです

 

本当は恋したくないの!

 

頭では、恋したいと思っている、けれど本心はどうか?

この本心を探るのがまず難しいですね

自分で本心と思っていても、違ったりすることが多いのです

それを調べるのに手っ取り早いのが、Oリングと呼ばれるキネシオロジーの一つを使うことです

一人ではできないけれど、かなり精度が高いです

 

「恋をしたい」「恋をしたくない」この二つで筋肉の反射をみるのです

 

自分では、「恋をしたい」と思い込んでいたけれど、実はそうではなかった!ということがわかるかもしれません

 

そして、もし本当は「恋をしたくなかった」と思っている場合、当然ながら恋はやってこないのですね〜

 

気づかないうちに思い込みをしていることは日常の中で実はよく起きているのです

 

欲しいと思っているものが実はそうでもなかった

食べたいと思っているものが実はそうではなかった

 

あまり深く考えずに右習えで決めてきた日本人に起こりがちな習性かもしれませんね

 

話を恋に戻すと、ではなぜ潜在意識では「恋をしたくない」と思っているのか、その理由を探らないことには、解決に至りません

 

病気では治りたいというのは顕在意識で、実は治りたくないのが潜在意識ということがよくあります

「病気利得」という概念が働くからなんです

 

これは、病気でいることで、会社に行かなくて済む、周囲が優しくしてくれる、学校に行かなくて済むなど自分にとって得することが起きている場合、無意識に選んでいます

 

ですから本人には「病気で得している」という思いはないのです

 

ですが、恋をしたくないという本音にはどんな思いが隠れているのでしょうか?

 

だって、怖いんだもの

 

例えば、

□過去に恋愛で大きく傷ついたことがあって、トラウマになっている

□恋に対して良い思いがない

□恋している時間が勿体無いと思っている

□自分に自信がないので、傷つかないように回避している

□人間関係が面倒くさい

などなど

一つの理由ではなくて、複数が絡んでいるかもしれませんね

 

「恋をしたくない」という思いの裏側にある気持ちを引き出してそこに焦点を当てていくのが必要ですが、これが得意なのがホメオパシーなんですね

 

まずは、あなたの本当の気持ちを知ることからです

 

 

 カラダの衰え

 

 

あなたは、今どんな体の症状がありますか?

 

典型的な更年期の症状

 

更年期の症状というのは、まあいろいろあって、不定愁訴と言われるくらいですから、十人十色なんですが、あるアンケートによると感じる自覚症状は下記のようになります

 

肩こり  66%

疲れ   53%

頭痛   48%

腰痛   48%

倦怠感  46%

 

ということなんですね

どの症状も更年期でなくても当たり前にあるものなので、今までもあった症状が余計にひどくなるということのようですね

 

では、その症状にどう対応しているかとなると、病院に行く例は少なく、期間限定のものだからと我慢しているか、手近で手に入るサプリメントのようなものを摂る人が多いようです

 

肩こりは、五十肩なども関係してきますが、今時は、パソコンやスマホの使い過ぎという更年期だけが理由というよりは、社会現象のようになっているので余計に重症化しているかもしれません

 

肩こり解消のための運動などは、インターネットで検索してもたくさん出てくるので、そちらはお調べいただくとして、今日は、解消のための別のお話をしますね

 

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”a” icon=”FullSizeRender-5.jpg” name=”花子さん” ]そもそもどうして更年期になると

肩こりがひどくなるの?[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”b” icon=”IMG_1008.JPG” name=”森本” ]いくつか理由があるのですよ

女性ホルモンが低下するから血行が悪くなったり、

筋肉が痩せてしまって

筋力が落ちるから、痛みの

原因となる疲労物質が

たまりやすくなったりするのです[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”c” icon=”FullSizeRender-5.jpg” name=”花子さん” ]冷えも強くなっているけれど

それも関係あるのかしら? [/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”d” icon=”IMG_1008.JPG” name=”森本” ]はい!まさにその通りです

冷えることでさらに

血行が悪くなりますよね

もう一つ、肩こりは、目も

疲れやすいので、そこも要注意ですよ[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”a” icon=”FullSizeRender-5.jpg” name=”花子さん” ]老眼も入ってきて見えにくいし、

パソコンとかスマホのせいで

目も相当酷使してますよね?[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”b” icon=”IMG_1008.JPG” name=”森本” ]はい!現代病の一つですよね

そういう時は、目を温める

温湿布が効果的ですよ
温かいタオルを当てるだけでも

できますからね[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”c” icon=”FullSizeRender-5.jpg” name=”花子さん” ]食べ物で積極的に摂るといいものとかありますか? [/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”d” icon=”IMG_1008.JPG” name=”森本” ]はい、ありますよ!

お酢やレンコンが効果的なのでそれについて

少し詳しく解説しましょうね [/speech_bubble]

 

鍵は酢とレンコン

 

先ほど、疲労物質がたまると書きましたが、それは乳酸のことですね

乳酸は、肝臓の解毒作用が低下しているとたまりやすくなります

この解毒を助けるのが食物繊維なので、それを意識して摂ることも効果的なんですよ

そして、冷えではなく温を呼ぶ体にするために、根野菜は特にオススメなんです

その上、ビタミンCやビタミンB1によって疲労回復にも役立つと一挙両得なのです

 

先ほど、お酢が良いと書きましたが、それはお酢は「クエン酸回路」を活性化する働きがあるからなのです

「クエン酸回路」ってなに?と思いますね

 

この「クエン酸回路」というのは、体の中のエネルギー産生工場です

筋肉疲労物質の乳酸をクエン酸回路でエネルギーに変換するため、お酢を摂ることで乳酸が溜まりにくくなるのです〜

お酢の中でも黒酢は体を冷やしにくい特性があるので、使うなら黒酢をおすすめします

 

ホメオパシーのレメディーも使えるものはもちろんいろいろありますが、肩こりや腰痛というのは、基本生活を見つめ直すことが一番です

 

食生活、睡眠、運動、この3つを無視してサプリメントやレメディーをとっても、また整体などに行っても根本的な解決にはなりませんからね

 

まとめ

 

 

もし、あなたが何か更年期の症状でお悩みのことがおありでしたら、ぜひご質問をください

私が知っている限りのことでお答えさせていただきます!

 

何歳になっても、もう○歳だと思わずに、まだ○歳と思えたなら、人生きっと変わりますよね

私もそう信じています
*************************
基本の「き」を改めてもう一度勉強するなら、の講座です!
なかなか、レメディーがうまくヒットしない時は、こちら↓↓↓の記事をぜひクリック!

 

セルフケアでレメディーがヒットしないと思う時

 

そして、もっと実力をつけたいと思う時は、こちら↓↓↓をぜひクリック!

 

ファミリーナチュロパシー・コース

 

 

無料メルマガ「基本のレメディー・5つのレッスン」

詳細は、こちらからご覧ください!

今なら「基本のレメディー19・シンプル一覧表」をプレゼント中

 

 

[su_row][su_column size="1/2" center="no" class=""]


[/su_column] [su_column size="1/2" center="no" class=""]

自然療法を使いこなすのは難しい?

自然療法へのお悩みは、

  • 自分にぴったりのものがわからない
  • 結果を出せない
  • 時間がかかる

この3つのお悩みを解決するべく、立ち上げたのが「自然療法サークル」です。

旬のネタを取り上げて、より日常で安心安全に自然療法を使いこなせるように毎月定期的に発信しています。環境にも人間の体にもやさしい自然療法を一緒に学んでみませんか?あなたの参加をお待ちしています

[/su_column][/su_row]

 

この記事を書いている人 - WRITER -
オーストラリア初の日本人ホメオパス。 在豪18年の海外生活で培った経験を活かした言語を超えた共感力のあるセッションには定評があります。 最近は、「レメディー心理学」を開発し、病気だけでなく人生の方向性を確かなものにする新しいスタイルのセッションに力を入れています。 詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

アメブロでは、セッション「リンク」に関連して、生き方・在り方についていろいろ書いています。

おもしろい内容なので、ぜひお読みくださいね!(下の写真をクリックしてね)

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 自然療法の智慧袋 , 2017 All Rights Reserved.