「不調=狂い」の優先席は、胃と腸のあたりにある!

 

うるおう人生をガイドする自然療法プラクティショナーの金澤千佳です

 

11月に入り、今年も残すところ後2ヶ月となりましたね〜

そろそろいろいろな振り返りを始める時期ですが、生活習慣で気になることはありませんか?来年に持ち越さないで今年の悩みは今年のうちに解決したいですね

 

食べることに関心のある人もない人も、食べないで生きて行くことはできません!

 

今日は、「食べること」を振り返る準備の話です

 

GAPSはあらゆる疾患に通じる

 

 

GAPSという言葉をご存知ですか?

 

Gut And Psychology Syndromeの略称です

 

Gut=腸
Psychology=心理学
Syndrome=症候群

 

つまり、腸と心の症候群となります

 

腸と心に関係したいろいろな病気を指すのですが、具体的にいうと、

 

発達障害と学習障害、
情緒不安定、
自閉症、
アスペルガー症候群(ASD)、

 

多動症(ADD、またはADHD)、
統合運動障害、強迫症候群、
鬱病、双極性障害、統合失調症など

 

もちろん年齢は関係なく子どもも大人もです

 

主に精神症状ですが精神科や心療内科の領域で診療するものでもないのです

 

また、精神的な疾患だけでなくアレルギー、喘息、アトピーなどの皮膚炎、摂食障害、癲癇、あらゆる免疫不全系の病気なども含まれます

 

病気になる人の腸と脳の機能の関係に注目したのは、最近ではなくホメオパシーを創設したドイツ人医師のハーネマンと同世代に生きたフランス人医師Phillipe Pinel (1745-1828)です

 

腸と言えば、今現在進めている「チャクラと腸内細菌ノソッド」も大いに関係しています

 

腸内細菌ノソッドを医療現場に持ち込んだのは、バッチ博士ですから何れにしても古くから存在していたものなのです

 

腸内細菌ノソッドをチャクラと絡めてその人の状態をみて行くことで、多くの精神疾患も身体的疾患も改善されるのは、当然と言えば当然のことなのだと思うのです

 

これについては、また後日書きたいと思っています(現在行われているこのプログラムはいろいろな結果を出し始めているのです)

 

食べ物心理学へ!

 

 

腸と心の症候群に戻りますね

 

「不調=狂い」の優先席は、胃と腸のあたりなのです

 

腸内細菌は、神経化学物質を作り、脳は、それを使って生理的な過程もメンタルの過程(学習、記憶、機嫌など)も同様に調えてくれます

 

腸内細菌とセロトニンとドーパミンには、深いつながりがあります

 

なんと腸内細菌は、「ハッピー」神経伝達物質であるセロトニンの必要量の95%を生産しています

 

そして、そのセロトニンは下記のものと一緒に体内に放たれます

 

・腸の蠕動運動(便秘とうつの相関関係)
・食べること/食欲の規則化
・ある一定の食べ物
・セックス
・緊張
・睡眠(メラトニンへの変換を通して)

 

そして、ドーパミンの50%は腸内にあります

 

研究によると、腸内細菌のバランスを調えることは精神にも感情にも身体的健康にとっても必須と言えるのです

 

そして、それは、つまり砂糖を制限すること、発酵食品を食べること、生菌を摂ることであり、それらが気持ちを安定をさせてくれるものとなります

 

どんな腸内細菌を自分の腸に住まわせるかは、あなたさま次第

 

つまりあなたが何をどう食べるかにかかっています

 

具体的な食べ物や食べ方を「食べ物心理学」の講座ではお話しします

 

「食べ物心理学」講座

 

自然療法の本場・オーストラリアで学んだ「食べ物とこころの相関関係」についての講座です

 

対面・オンラインどちらも可能です

 

日時:11月26日(月曜日)
午前10時〜午後1時

 

詳細は、
「食べ物とこころのドキッとする関係」をご覧ください

 

 

お知らせ

 

 

食べ物心理学

 

自然療法の本場、オーストラリアでの学びから「食べ物心理学」の講座を開催します

食べ物とこころの関係を知っていると、より健康に自分らしく行動できて、より自分を活かした活躍が期待できます

 

遠方の方、すでにご予定のある方、後日オンラインで学ぶことができます
(オンラインは、11月28日に配信予定)

 

*配信以降、ご都合の良い時に視聴できます

 

食べ物心理学講座

日時:11月26日(月曜日)
10時〜13時

場所:ロータスホメオパシーセンター
(福岡市南区井尻)

受講料:8,000円
定員(対面):5人
オンラインは定員なし

※お子様連れでの受講はできません

 

詳細、お申し込みはこちらから

 

 

新しいステップメルマガ

 

物質性を持たないレメディーの中でも、色のレメディーは、ニューレメディーと呼ばれ最近になって認知されるようになったものです

ニューレメディーの中には面白いものがたくさんあります

ドルフィン(イルカ)のレメディーもそうですね

時々、こういったニューレメディーのご紹介をこれからもしていきますね

色と言えば、チャクラと関係が深いわけですが、「チャクラと腸内細菌ノソッド」についての無料メールレッスンを始めました

 

「チャクラと腸内細菌ノソッド・7日間のメールレッスン」です

 

このプログラムを受けている方はもちろん、ご興味のある方にもぜひ、お読みいただければとても嬉しいです

各チャクラの詳しい説明とセルフケアでチャクラを活性化させる方法などをご案内しています

また、「チャクラシート」をプレゼントとしてダウンロードできるようになっています

下記からお申し込みくださいね

 

「チャクラと腸内細菌ノソッド・7つのレッスン」

 

 

時間と場所を選ばない「薬に頼らずセルフケアで結果を出せる」自然療法オンラインスクール」がレメディーの使い方を実践的に学ぶ講座として大人気です
結果を出せるレメディーの使い方を学び、即戦力に!

 

ぜひ詳細をご覧くださいね!

 

なかなか、レメディーがうまくヒットしない時は、こちら↓↓↓の記事をぜひクリック!

 

セルフケアでレメディーがヒットしないと思う時

 

無料メルマガ「基本のレメディー・7つのレッスン」

詳細は、こちらからご覧ください!

期間限定で特別資料PDFが付いてきます

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA