プロフィール

 

金澤 千佳

2004年 豪州ホメオパシーディプロマを取得
2005年 日本でロータスホメオパシーセンター開設
2010年 一般社団法人「日本クラシカルホメオパシー協会」設立、理事長就任
2015年 福岡でサロンを開設

 

1987年より2005年までシドニー在住。3人の子育てをしながら州立大学で教鞭を取り、日系保育園の設立などを経て、自身の体調不良から自然療法と出会う。在豪中は、豪州人と日本人にカウンセリング、語学力を超えて共感力を養う。

海外生活での豊富な経験を活かしたアドバイスと確かな分析力で迅速に改善に導くサポートをしています。

◆ 薬に頼らない暮らしをしたい方
◆ 自然療法を暮らしに取り入れてより健康により楽しく生きたい方
◆ 自分の本質を知って魂の求める自分らしく生きたい方

そう言った方々に希望が持てたと喜んでいただき、またメンタルでお困りの方には、ていねいなカウンセリングで心が楽に、漠然としたモヤモヤ感がスッキリして前に進めたなどのお声をいただいています。
クライアントさんの痛みに寄り添い、心身の健康をサポートし、より幸せになっていただけるようお手伝いします。

【実績】
セッション・延べ4,300件

スクール事業
セルフケアコース(13期)
専門コース(8期)
オンライン講座
単発セミナー・受講者数延べ400人

出版「おおかあさんとこどものためのホメオパシー」
2015年7月 執筆協力

本

 

 

ホメオパシーとの出会い

 

 

結婚と同時にオーストラリアに移り住み、3人の育児をしながら日系保育園の開設・運営や州立大学での講師など仕事もしていました

30代後半のある時、体調を崩したのですが、当初は自然療法という世界があることも知らず、かかりつけのドクターに薬を処方してもらい事なきを得たつもりでした

ところが、1年後再び体調を崩し、前回よりも悪い状態になったのがきっかけで薬ではない自然のもので直せないかと行き着いたのが、まずは漢方でした

おかげさまで後一歩で完全復帰という時に我慢して飲んでいた漢方の味に堪えられなくり断念!

次に出会ったのが「西洋ハーブ治療」でした

こちらですっかり回復した私は、これからはこういう自然療法と呼ばれるもので自分と家族の健康を守っていきたいということと、手に職を!という現実的な選択の中で、シドニーにある自然療法の専門学校の門を叩いたのでした

英語での授業は、今思い出してもゾーッとするくらい大変でした

日常生活の英語には困らなくても専門用語ばかり、しかも化学や解剖生理学に病態生理学などをみっちり学ばなければならず、四苦八苦…

人生で最も勉強した数年間です

 

高校までの英語の成績は惨憺たるもの、主要五教科で、一番成績が悪かったのはなんと英語だったのです

そして、理科系も嫌いな私が、英語で化学や解剖学、病理学の授業を二年間も受けられたのですから、大人にっても自分は変われる、好きなもののためならできるもんだという学びのギフトもあった時間です

 

あのくらいに高校生の時に勉強していたなら私の人生はまた違ったものになっていたでしょう(笑)

でも、そうならなかったからこそ今の私があるのですが!

 

当初、その学校では「ナチュロパス(自然療法家)」を目指していたのですが、その一環で学んだ「ホメオパシー」の虜になりました

自分は未経験だったにも関わらず、その面白さは半端なく生涯をこれに掛けようと固く誓ったわけではありませんが、それまでやっていた趣味なども気がつくと全部放棄してのめり込んでいたのです

それ以来、無趣味の仕事人となってしまっています

結局、1年生が終わる時にナチュロパスからホメオパスのコースに転向して勉強を続けたのでした

無事、資格を取るとそこからはホメオパシー一色の生活です

単身オーストラリアから日本に赴任する形で家族とは離れて生活する事になりました

 

日本でホメオパスとして仕事を始めて…

 

 

日本に帰国したのが2005年の春、新潟で整体を主にしていた方とビジネスを組んで3年間セッションや講座をしていました

 

この新潟では、たくさんのクライアントさまとの出会いがあり、ホメオパスとしても大いに成長させてもらいました

 

もちろん、最初からすべてのセッションが良い結果をもたらしていたわけではありません

ホメオパスになりたての新人ですから、迷いもたくさん、失敗も経験(好転反応が予想以上にひどく出たりなど)しましたが、それがあっての現在です

 

当時のクライアントさまには申し訳なく思いますが、医者も新人の時があるように、またどんな職業にも新人の時があるように、そこでの糧を元に今があります

 

その後、2008年に東京に移り2011年に先天的に悪かった脚の手術が必要になるまでホメオパスとして活動していました

その間に、一般社団法人日本クラシカルホメオパシー協会を設立したり、スクールを開設して後進の指導に当たったり

東日本大震災の時は東京にいましたが、のちに福島でのセッションボランティアや、放射線被害対策の活動などもしていました

2011年の暮れに福岡の両親の元で手術と療養する事に決めて福岡へ拠点を移しました

プライベートでもそころに離婚が成立し、家族5人は一人ずつ暮らすことになり、さすがB型家族だと妙に納得したり…(汗)

福岡では、1年間の入退院を経て2013年から社会復帰を果たしましたがしばらくはウイークエンドホメオパスとなり、平日は別の仕事をしていました

2015年にやはりホメオパシー1本で生活しようと再度サロンを持つことに決めて現在に至ります

 

そして、日本に単身来てから、家族とは離れ離れになりましたが、離婚も経験しました

今では、バツイチ(バツとは思っていませんが!)は珍しくもない話ですが、裁判での離婚となる女性週刊誌に出て来そうな「泥沼離婚」です

 

私自身の傷にはなっていませんが、子どもたちにとっては、やはり罪悪感は今もあります

それを抱えつつ、どう生きていくかが問われていると思っています

 

 

ホメオパシーはミッションです

 

 

「神のなされることはすべて時にかなって美しい」という聖書の言葉がありますが、本当にその通りだといつも思っています

人との出会いも使命との出会いも、その時だからこそ意味があり、為せることなのだという思いを深くしています

1年早くても1年遅くても私はホメオパスにはなっていなかったでしょう

どんな物事も得るものがあれば、捨てざるを得ないものもあります

幸せになるには、何かを諦めなければならないという言葉がありますが、幸せとはたくさん持っていることではなく、「これ!」と思うものを一つ持つことなのでしょう

気がつくとどんどんシンプルになっていて、いろいろなものを手放してきました

ホメオパシーが好き、仕事が好き

これしかないのですね

たった一粒の砂糖玉を飲むことでその人のそれまでの人生が劇的に変わるところを何度も見てきました

それもその人の必要なタイミングで起きるからこそ意味があるのです

それがホメオパシーなのです

薬や病院、医者の力で助かる命があります

これはまぎれもない事実です

一方で、それで苦しむ人もいるし、それを選択しない人もいます

他者にとっての良い悪いではなく、その人の選択がその人の正解です

身体の病気だけでなく、心の不安や迷いや恐れが霧が晴れるようになると身体の病気も退散します

そんな場面を何度となく見てきました

薬や病院に頼りたくない方、病院で治らないと言われた方、病院での治癒を諦めた方、

どうかホメオパシーを知ってください!

薬を使わないで自分の中の癒しの力を使って楽になる方法があるのです!

 

ホメオパシーをさらに超えて

 

 

 

2018年までホメオパシーのレメディーを使っていろいろな方のセッションをしてきました

レメディーは素晴らしいツールです

レメディーがあることで、楽になるカラダやこころの不調があります

しかしながら、私自身は、レメディーの向こう側にある景色を見るようになりました

物質のエネルギーしか存在しないレメディーという砂糖玉

目に見えないエネルギーを砂糖玉という目に見える形に変えたアイデアと技法は、大きな変革だったと思います

でも、目に見えないエネルギーをそのままお届けすることも可能なのでは?

もしくはレメディーを使わないホメオパシーセッションという独自の分野をこの世に出そうと2年間試行錯誤してきました

そして、2018年11月についにセッション「リンク」をこの世に送り出すことができました

今後は、セルフケアでのレメディーを使った、レメディーで結果を出せるスキルを学ぶオンライン講座と、腸内細菌ノソッド(レメディー)を使いチャクラに沿って、心身の健康状態を底上げしていく7回連続のセッションとこの「リンク」の3本をご提供させていただきます

 

この3つが揃ったことで、ホメオパシーを中心とした自然療法での心身の健康を育てるサポートが調いました

ご興味を持ってくださった方、お問い合わせをお待ちしております

セッションのメニューはこちらから

なんでもお問い合わせくださいね!

 

 

雑誌などに掲載されました!

自然療法の分野では、本の執筆協力、雑誌「Love & Thanks」連載とインタビュー記事、月刊「セラピスト」掲載などもしてきました

 

執筆協力した「おかあさんと子どものための    「LOVE & THANKS」

ホメオパシー」

 

「LOVE & THANKS」のインタービュー記事    月刊「セラピスト」掲載

 

 

パーソナルな私はというと…

 

最後にちょっと私のパーソナルな情報をシェアさせてください

  • 1962年11月10日生まれ、寅年の蠍座と言うと引かれます
  • 川崎生まれの横浜育ち
  • 1987年に親の反対を押し切って駆け落ち結婚、そのままオーストラリアへ
  • そこから足掛け18年のオーストラリア暮らし
  • 2005年に単身帰国、出稼ぎして自然療法家として働く、「ロータスホメオパシーセンター」開設
  • 2011年にすったもんだの挙句、離婚。 子どもは二男一女
  • 現在も福岡でサロン「ロータスホメオパシーセンター」主宰、そして「ロータスサービス」オープン、「ライティングの知恵袋」主宰
  • 2020年、初孫誕生!グレーヘアーと共に名実ともに「おばあちゃん」になりました!

 

  • 性格:根は真面目、修行好き、過去世は修道女
  • 趣味:縫い物(針を持つのは癒し)、読書、映画好き
  • 一番好きな映画:「大いなる沈黙」「パッチアダムス」「ボヘミアン・ラプソディ」
  • ハマっていること:QUEEN フレディ・マーキュリー
  • 好きな本:「それから」夏目漱石、「沈黙」遠藤周作、「かたあしだちょうのエルフ」絵本
  • 好きな食べ物:漬物、スイーツ
  • 苦手なもの:ゴキブリ
  • 好きな言葉:神のなされることは、すべて時にかなって美しい
  • 好きなタイプ:努力家、裏表のない人、気遣いのできる人
  • 苦手なタイプ:人のせいにする人、厚かましい人

 

 

長い、長いプロフィールを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます

とても嬉しいです

 

自分のことって、書いてみると新しい自分が発見できて面白いですね!読まれたあなたも自分のこと書いてみると良いですよ〜

 

金澤千佳のサービス内容について気になる方は、こちらからご覧ください

 

サービス内容を見てみる

 

 

金澤千佳のスクール内容について気になる方は、こちらからご覧ください

 

スクール内容を見てみる

 

 

金澤千佳の無料E-bookについて気になる方は、こちらからご覧ください

 

無料E-bookを見てみる

 

 

 

 

Copyright© 自然療法の智慧袋 , 2016 All Rights Reserved.