あなたの子ども時代、そしてお子さんはレメディーではどのタイプ?

 

うるおう人生をガイドする自然療法プラクティショナーの金澤千佳です。

 

ホメオパシーをお子さん誕生がきっかけで始められる方が多いと思うのですが、子育てのツールの一つとして、これほどこころ強いものはないですね。

 

子どもに特化したホメオパシーの本も海外にはいろいろあります。

 

その中でも、ルーマニア人ホメオパスでスウェーデンのホメオパシー大学で学び、アメリカでホメオパスをしているPaul Herscuの著書「The Homeopathic Treatment of Children」はなかなか優れものです。

 

子どもを8つのホメオパシーのレメディーに分けてタイプとして詳細に書いています。

 

ただ、タイプ別に分けることが目的ではないし、決めつけてしまうのもよくありませんよね、一方で自分やお子さんのタイプを知っていると、きっと役に立つ場面があります。

 

今日は、その8つのタイプについて一挙公開していきますね。

 

Calcarea carbonica (牡蠣の殻)タイプ

 

 

*夜を怖がる、寝汗をかく
*頭に汗をかく
*頭痛
*呼吸器上部の感染症を起こしやすく多量の粘液(痰)が出 る
*口囲潰瘍
*歯の問題、しばしば歯が生えるのが遅い
*リンパ腺などの腫れが多い
*卵、炭水化物、塩、甘いものを欲しがる
*ぬるぬるした食べ物や混ざった食事を食べたがらない
*赤ちゃんが食べたものをすぐ吐き出す
*小さい赤ちゃんにある発育の遅れ
*便秘しやすく1回の便が大きい
*てんかん
*カルシウムの代謝異常や甲状腺の問題が骨、爪、髪の毛の の問題を引き起こす。骨の発育に障害がある
*心身ともに発育に遅れが見える
*疲れやすい
*肥満
*多量の汗と分泌物の臭い
*イースト菌(酵母菌)による感染症が身体のあちこちにた くさん出来る
*様式
悪化ー努力、歯列、寒くて湿った天気、天気の変化、ミルク
好転ー休息、乾燥して暖かい天候

 

別のマテリアメディカ(本)によりますと、下記のような精神的側面の特徴もあります。

*丸々と太っていて強そうな体つきであるが顔色は青白い。
*大きいお腹と頭が特徴。頭蓋骨前頭の泉門の閉じるのが遅 い
*歩行、言葉の学習が遅く、歯が生えるのも遅い
*穏やかで静かで繊細であるが怠け者の傾向がある
*暗がりを非常に怖がり、夜中に悪い夢見て叫び声と共に目 覚める
*不器用でよく転び、その結果スポーツが苦手である
*学校では一生懸命勉強するが、理解できず、すぐ諦める
*励ましがないとすぐ遅れ、孤独感を感じる

 

Lycopdium 苔杉

 

 

*右側を下に寝る
*右側の耳炎
*右側の上部呼吸器系疾患
*夜寝ていると、鼻が詰まる
*喉の痛み(暖かい飲み物が良い)
*甘いものを欲しがる
*キャベツ系の野菜と豆類を避ける
*のどの渇き
*食欲がすごい割りに、体重が増えない
*消化器系の問題が多い(ガスと便秘)
*食事をミスすると文句を言い、悪化する
*寒い
*身体の右側の問題、または、または右側から始まり、左に 移行
*起きた時に症状が悪化しやすく、また、午後4時から8時も 悪化
*暖かいと症状が好転する
*痩せていて、血色が悪い
*恥ずかしがりやで、不安定、自信がない
*外遊びより、家で静かに本を読んだりするのを好む
*家では、許されるような環境だと、大変威張り散らしたり イライラする
*一方、学校では、良い子で誠実である

実は、このLycopodiumは、どちらかと言うと男性向きのレメディーで、特に日本人男性に多いタイプのようです。

しかし、最近はむしろ女性のLycopodiumが増えています!

 

Medorrhinum(淋病菌ノソッド)

 

 

Medorrhinum は別名 Gonorrhoea とも言い、実は淋病のことです。

つまり淋病患者の分泌物から作られたNosode(病原菌)のレメディーです。

Nosode Remedy は他にも、癌、梅毒、AIDS などからも作られています。

このタイプの子供は移り気な性格で非常に外向性のある部分と恥ずかしがりやの部分と両方を持っています。

また、非常に生命力があって性的なものやドラッグを早くから経験しやすく、他者とのコンタクトも早いです。

意地悪になる傾向もあります。

一人の子供の中に、外交的な部分と同時に内向的で恥ずかしがりやで悲しく思う部分があり人より動物を好きだったり話しかけたりします。

混乱したり、注意深く行動する時間が短いのも特徴です。

このタイプの子供は、何かが自分を捕まえに来るのではないかと言う恐れがあります。

*夜型の人間:朝起きたときにすっきりしない
*風邪や気管支炎、喘息を生まれたときから繰り返す。
*湿気が症状を悪くする
*鼻の奥に鼻水が溜まり、喉を綺麗にしようとする
*青白く、緑がかかっててかてかした顔
*熟していない果物、甘いもの、塩気のあるもの、脂肪のあ るものを好む
*茄子とぬるぬるしたものを嫌う
*喉が渇くと冷たい飲み物を欲しがり、氷をかむ
*慢性的な非常な痒みが膣部にある
*性欲が強い:早くからマスターベーションをする
*体温が高く、身体が熱い
*足が熱く、裸足で歩きたがる
*かかとが痛く、足首が腫れる
*爪をよく噛む
*上記のような症状が家系にある
*家系に淋病の病歴がある
*湿気で悪化
*海辺で好転
*うつ伏せ寝で好転

などです。

淋病菌ももちろん物質として化学的には検出されないレベルに薄めてありますが、家庭での服用よりもホメオパスによる処方の方が安全です。

現在、淋病を発病している方には使いません。

 

Natrum muriaticum(塩)

 

 

塩と言うのは人間生活になくてはならないものです。
甘いものを作るときにも塩は必ず必要です。

例えば、餡子には塩を少しだけ入れることで甘味を増すのは皆さんご存知だと思います。

さて、その塩、立派な?ホメオパシーのレメディーです。
今日は、その塩のタイプのお子さんについてです。

Natrum muriaticum

このタイプのお子さんは、完璧主義で内向的、きちんと身づくろいが出来て、人の目を気にする、そして笑いものにされることを恐れます。

深く悲しみ、鬱状態になって家族に不運が起こると自分自身を責めます。

憐れみや同情を拒否します。

虫、泥棒、感情的に傷つくことを恐れます。

*左側を下に寝る
*眼精疲労や、太陽を浴びたことから起こる視覚の歪みを伴 う頭痛
*光を恐れる
*口が乾燥して喉が渇き冷たい水を飲む
*塩と甘いものを欲しがる
*脂肪、ぬるぬるした食べ物、ミルクを避けたがる
*乳糖不耐性(乳製品を取ると消化不良や下痢を起こす)
*恥ずかしがりやの男の子に多い夜尿症
*腱炎
*太陽を浴びると皮膚にできものが出る
*体温が高い
*悲しみなどの感情が原因となって病気になる
*クールバス(冷たいお風呂)を好むケースがある
*直射日光で悪化
*年齢に比して小さいか痩せている傾向がある
*歩いたり話したりし始めるのがやや遅い
*ダークスキンで汗をかきやすく顔が光っている
*学校での態度はよく、小さい兄弟の面倒を良く見る
*批判に敏感で傷つきやすい、難しい10代を起こす可能性が ある
*騒ぎ立てられることを嫌う
*学校の授業や宿題などのプレッシャーで頭痛を起こす

などです。

一般に大人の間でも日本人にはこのタイプの人が多いと言われています。
文化的背景があるのでしょうね。

皆さんはいかがですか?

 

Phosphorus(燐=リン)

 

 

ご紹介するレメディーは、Phosphorus です。
これは日本名リンで、元素記号はPになります。

無機質の栄養素の一つでカルシウムやマグネシウムと塩を作り骨や歯の主成分になっています。

生体内ではリンタンパク質、核酸、グリセロリン酸、リン脂質などに含まれています。

このタイプの子供の特徴は、フレンドリーでいわゆる良い性格で外交的で元気です。

但し彼らは多くのことを恐れ不平を言います。特に暗いところ、雷、虫、家族の健康、そして何か不吉な見知らぬものが自分たちを捕まえに来るという恐れが強いようです。

すべての不平、文句は慰められることで好転します。

*右側を下に寝る
*暗いところを恐れ、両親のベッドにもぐりこむ、恐ろしい 夢を見たり、眠りながら歩く(夢遊病)
*鼻血
*風邪が気管支炎や肺炎の原因となる
*喉の痛みと喉頭炎
*アイスクリーム、冷たい食べ物、甘いもの、塩っぽいも  の、珍味、きゅうり、魚を欲しがる
*卵と時々魚を避けたがる
*大変喉が渇き冷たい水を欲しがる、これによって消化器系 の症状が好転する
*食事を抜くと文句を言う
*嘔吐や下痢を起こしやすい
*思春期の女子では生理が重い
*背が高く、細い
*一般に出血傾向があって、呼吸器系の感染症を起こしやすい
*左側を下にして寝ると悪化する
*慰められると好転する
*仲間と居ることを好み、人気者であると思う
*愛情深く、周りへの同情心も強い
*キスやハグ(抱きしめること)が好き
*想像力が豊かで芸術家肌
*宿題やテストが嫌い

他にも面白いところでは、鏡を見て一人で喋ったりします。

実は我が家の次男がこのタイプ。
子どもの頃は、大変フレンドリーで明るいのですが、寂しがりやで一人でいられませんでした。

よく、お風呂場で鏡に向かって喋ったりしていました。
学校は好きでしたが、勉強は嫌いでした!

一日中、私とキスしたりハグしたりしていました。

扱いやすいようで掴み所がないところもあります。

さて、皆さんは当てはまりますか?

 

Pulsatilla(西洋オキナグサ)

 

 

ご紹介するPulsatillaは、野生のアネモネの一種で植物です。
女性用のレメディーとしてもたびたび登場してきます。

Pulsatilla

このタイプのお子さんの特徴は、穏やかで内気、何でも楽しくて、お母さんにくっついているような点です。

また、幅広い感情の変化があり、特に涙もろさを見せます。

見捨てられることに恐怖心を抱き、年下の兄弟への嫉妬が強いようです。

一般に慰められることを好み、それで症状が改善します。

*うつ伏せねか仰向けに寝る
*呼吸器系上部に感染症を起こしやすく、咳が伴い、夜に横になると悪化する。
*脂肪分の多い食べ物、肉を嫌う
*喉が渇く
*小さい女子に膣炎が起きる
*思春期に症状が始まることが多い
*体温が高く、足が温かい
*感染症が原因でどろっとした、黄色もしくは緑がかった分泌物が出る
*症状が変わりやすい
*暖かいのが症状を悪化させる
*涼しい空気、しくしく泣くこと、慰めが症状を好転させる
*日中は賑やかだが、夜になると神経質になり暗がりを怖がる
*天候の変化に敏感である
*夏でもアイスクリームが胃腸を緊張させたり、耳の痛みを引き起こしたりする。
*外にいる方が気分が良い
*高さのある物を眺めるだけでもめまいがする

タイプ1
*体格が小さくて華奢。
*賢くて、元気で、愛情深く、その一方で恥かしがりやで繊細である

タイプ2
*丸々、ふっくらとした体格
*力がなくしくしく泣く
*安心と愛情を欲しがる一方、その愛情に報いるのが遅い

日本人のお子さんにも比較的多いタイプではないかと思います。

お子さんだけでなく、どのレメディーもすべて大人にも当てはまりますのでご自分のことも振り返って見てください。

 

Sulphur(硫黄)

 

 

Sulphur, 硫黄のレメディーです。
このタイプのお子さんも数としては結構多いようです。

特徴は、先ず外交的で活発。学校でもリーダー格になるタイプで独立心旺盛ですが傲慢なところもあります。

たまに大変ハイになって活動して家や学校の規則を破ります。

色んな活動は疲れを知らず楽しんで気力に溢れた状態でこなすことが出来ます。

一方怠けることも多く、物事をぐずぐずと後に引き伸ばす傾向があります。

知的なタイプは、恥かしがったり、きちんとしていますが一方傲慢なところもあります。 高いところを怖がります。

*左を下にして寝る
*何も掛けないで寝て、よく目が覚める
*卵や酸っぱい物を嫌う
*喉がとても渇き冷たい水を好む
*臭い下痢をしやすい(特に朝方)
*痒くて赤い発疹が出て、焼けるような感じがあり暖かいの と、ウールなどに触ることとお風呂の後に悪化する。
*炎症をおこし、その部分が赤くなり臭う膿のようなものが出る
*体温が高い(特に頭と足)
*衛生的でなく汚れている
*長引く病気にかかりやすく完全に消えることがない
*お風呂が嫌い、またお風呂に入ると悪化する
*暖かいと悪化する
*食欲旺盛
*服装などがきちんとしていない印象
*記憶力が刺激されると学力を発揮、一方学校で不注意な点がある
*プライドが高い
*人に何かを見せびらかす
*夜に賑やかで嫌々ながら寝る
*甘いものを欲しがる

タイプ1
栄養が行き届いてがっちりした体型、硬い髪の毛、血色が良く、特に唇や耳、まぶたが赤い。

タイプ2
痩せていて、足がひょろ長く、お腹が大きい。
青白くて乾燥した肌でひび割れやすい。

こちらでは硫黄といってもあまりぴんと来ませんが、日本で硫黄と言えば、温泉です。

蕁麻疹や湿疹、アトピー性皮膚炎などにもよく使われるレメディーです。

温泉が肌などにもとてもよいことを考えるとこれは関連があると思います。

Sulphur を摂って、温泉に入れば、あなたも今日から素肌美人?

どこかの宣伝文句みたいですが、ホメオパシーで使われているレメディーで古来、民間で古今東西、○○に良いとされているものは、当たっていることが多く、それが立派なレメディーとなっている場合が多々あります。希釈の違いだけなのです。

大人でもお肌の悩みのある方は、その症状によってはとてもよいレメディーです。

 

 

Tuberculinum(結核菌ノソッド)

 

 

レメディーはTuberculinum 結核菌から作られたレメディーです。

Tuberculinum

落ち着かない、イライラしていて、恥かしがり屋でちょっと意地の悪いところが特徴です。

かっとなって、他人の持ち物や計画を気まぐれにぶち壊します。

また、自分にも他人にも暴力を向けることがあります。

しばしば目に、お茶目なもしくは攻撃的な光をたたえます。

精神面に問題があり、精神遅滞と診断されることもあります。
動物をとても怖がります。

*就寝中に歯軋りをする
*起きたときにイライラしている
*頭をうちつける
*生まれたときに髪の毛が多く、背骨の辺りまで生えている
*頭蓋骨に異常がある。
*まつげ長い
*上部の呼吸器系の感染症を起こしやすい
*歯の問題が多く、特に歯並びが非常に悪い
*頸部の腺が腫れたり固くなったりする
*胸と肺の問題
*冷たいミルクを欲しがり、柔らかい燻製の肉が好き
*混ざった食べ物を嫌う
*体重が増えないが食欲は旺盛
*しばしば下痢を起こす
*おねしょが多い
*早くからマスターベーションをする
*熱をよく出す
*家系に結核患者や肺の問題のある人がいる
*動物が非常に苦手

以上です。

余談ですが、オーストラリアには結核菌がありません。
従って、オーストラリアの学生ビザやビジネスビザ、ワーキングホリデービザを取るときには必ずX 線検査があり、陽性と出ると入国を許可されません。

日本ではBCGの予防注射やツベルクリン反応が極当たり前に行われていますが、国が変わると病気も様変わりします。

 

まとめ

 

子どもの特徴を8つのレメディーをタイプとして分けた内容、いかがでしたか?

 

子どもの特徴となっていますが、子どもが大人になるわけで、三つ子の魂百までではありませんが、そうそう性格は変わるものではないです。

 

大人になる部分、社会で育つことで成長する部分はあるでしょうけれど、根っこは同じだったりしますね。

 

昨日のNHK朝の連続ドラマ「半分、青い。」で、ひいおじいちゃん(中村雅俊)の名言がありました。

「人間ちゅうのは、大人になんかならへんぞ。ずーっと子どものままや。競争したら勝ちたいし、人には好かれたいし…お金は欲しい…」

 

良くも悪くも大人になっても変わらない子どもの気質、自分の子ども時代を振り返ってみてくださいね

 

時間と場所を選ばない「薬に頼らずセルフケアで結果を出せる」自然療法オンラインスクール」がレメディーの使い方を実践的に学ぶ講座として大人気です
結果を出せるレメディーの使い方を学び、即戦力に!

 

ぜひ詳細をご覧くださいね!

 

なかなか、レメディーがうまくヒットしない時は、こちら↓↓↓の記事をぜひクリック!

 

セルフケアでレメディーがヒットしないと思う時

 

そして、もっと実力をつけたいと思う時は、こちら↓↓↓をぜひクリック!

 

ファミリーナチュロパシー・コース

 

無料メルマガ「基本のレメディー・7つのレッスン」

詳細は、こちらからご覧ください!

期間限定で特別資料PDFが付いてきます

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA